WhatsApp:開封確認を有効にする方法

あなたは確かにそれを聞いたことがあります、WhatsAppでメッセージを読んだことの確認を示す青い目盛りは何ヶ月もの間みんなの唇にありました。愛と憎しみ、青いマークは、送信されたメッセージの横に表示される小さなマークで、問題のメッセージが読まれたことを示します。

WhatsAppシークレットで他の人の話を見る方法についてはすでに説明しましたが、この状況では、あなたの意図で成功するには、領収書を読んで操作する必要があることを警告しました。

連絡先のWhatsAppストーリーを完全に匿名で表示できることに加えて、有名で恐ろしい青い目盛りは実際には自動的に無効になります。ただし、この記事では、WhatsAppで開封確認を有効にする方法を段階的に説明します。場合によっては、受信者がメッセージを正しく受信したにもかかわらず、二重の青いチェックマークが表示されないことがあります。

これは、実際にメッセージを読んだことを知らせないことを選択したユーザーは、いつでも開封確認機能を無効にできるためです。誤って、または開封確認を無効にしたことを知らずに発生する可能性がありますが、心配しないでください。再度有効にするのを手伝います。また、Instagramは、最後のアクセスを通じて非常によく似たものを提供しています。

次の段落を読むときは細心の注意を払い、あなたの自由な時間の数分を私に捧げてください。そうすれば、青いダニの世界はもはやあなたに知られていないことがわかります!

目次
開封
確認とは開封確認が表示されませんか?
AndroidWhatsAppで校正を有効にする方法
iPhone / iPadiOSで
校正を有効にする方法PC / Macで校正を有効にする方法
結論
校正とは
開封確認は、送信されたメッセージが受信者によって読まれたかどうかを通知する重要なWhatsApp機能です。これは、チャットで作成および送信した内容が正しく到着しただけでなく、対話者によって表示および読み取られたかどうかをすぐに知る方法です。さようならは、「申し訳ありませんが、あなたのメッセージを読みませんでした」または「申し訳ありませんが、何も知りませんでした。あなたのメッセージを受け取りませんでした」のようになります。青いマークがある場合は、確認を読んでください。慢性的な嘘つきは短命です!

メッセージの横に表示される目盛りが何を示しているかを詳しく見てみましょう。(ブロックしていない)連絡先にメッセージを送信する場合は、送信時の横に2つの小さなチェックマークが表示されます。最初の記号はメッセージが正常に送信されたことを示し、2番目の記号はメッセージが受信者に配信されたことを確認します。

有名な青いダニは、友人、親戚、カップルの間の果てしない戦いの原因であり、瞬く間にマスクされていない、またはむしろダニで横たわっています!WhatsAppチャットで送受信される各メッセージの横に有名なチェックマークが表示され、メッセージがいつ、読まれたかをあなたや他の連絡先に知らせます。

誰かがWhatsAppであなたをブロックしたかどうかを調べる方法についての古い記事で、青いチックの重要性について話しました、覚えていますか?誰かがWhatsAppであなたをブロックしたかどうかを知る簡単で簡単な方法は、青いチェックマークを確認することです。数日が経過し、送信したメッセージに灰色のチェックマークのみが表示される場合は、申し訳ありませんが、問題の連絡先がWhatsappからあなたをブロックしている可能性があります。

注意:開封確認メッセージは、グループチャットの場合とボイスメールの場合の2つの場合に引き続き送信されます。読み取り確認機能は、実際にはグループチャットで小さな例外を作成します。この場合、二重の青いチェックマークは、グループのすべての参加者がメッセージを読んだときにのみ表示されます。ボイスメッセージと同様に、この機能はグループチャットではオフにできません。

開封確認が表示されませんか?
上記の数行で説明したように、開封確認が表示されない理由はいくつか考えられます。たとえば、問題の機能を誤って無効にした可能性があります。

メッセージの横に青い二重のチェックマークが表示されない主な理由をリストに簡単に要約します。

あなたやあなたの受信者が自分のプライバシー設定で開封確認オフになっている可能性が
あなたの受信者がブロックされていることがあります
あなたの受信者が自分の携帯電話がオフになっている可能性が
あなたの受信者が会話を開設していない可能性があり、まだ
自分または受信者が接続の問題が持っているかもしれ
次の段落を読み続けますAndroidまたはiOSデバイスで動作するWhatsAppReadReceiptを有効にする場合。

AndroidからWhatsApp開封確認をアクティブ化する方法Androidデバイスを使用していて、メッセージの開封確認を示す青いマークを再アクティブ化する方法を
知りたい場合は、次の簡単な手順に従ってください。あなたはそれが本当に簡単であることがわかるでしょう、あなたがする必要があることはここにあります:

WhatsAppアプリを開き
、あなたが右上隅に表示さ3個の垂直ドットでタップを
設定をクリックし
、アカウントを選択
プライバシー項目をタップして
、開封確認の横にあるボックスをチェックし
、まあこのように、あなたはのWhatsAppのメッセージの読み取り領収書を有効にしています。簡単ですよね?警告:[開封確認]項目の横のボックスがチェックされていない場合、青いチェックマークは表示されず、WhatsAppでメッセージを送信した連絡先からの正常な読み取りの通知を受信できません。

また、連絡先のいずれかが青いWhatsAppチェックマークをオフにしている場合、つまり開封確認をオフにしている場合でも、連絡先に送信するすべてのメッセージの開封確認を受信できるわけではないことに注意してください。

iPhone / iPadiOSでWhatsAppRead Receiptを有効にする方法
使用するデバイスがiPhoneまたはiPadで、WhatsApp Read Receiptを有効にする場合、実行する必要のある手順は、前の段落。

iOSデバイスで開封確認機能を有効にするには、次の簡単で簡単な手順に従ってください。

デバイスでWhatsAppアプリを開きます。
右下隅にある歯車のアイコンをタップして設定にアクセスします。[
アカウント
]をタップします。[プライバシー]をクリックします。[
領収書を読む]の横にあるレバーを右に移動します
。このようにして、人気のあるメッセージングアプリで開封確認を有効にし、有名な青い目盛りがメッセージの横に表示されます。

連絡先のいずれかが青いWhatsAppチェックマークをオフにしている場合、つまり開封確認をオフにしている場合でも、連絡先に送信するすべてのメッセージの開封確認を受信できるわけではないことに注意してください。

PC / Macで校正をアクティブ化する方法
コンピューターでWhatsAppWebを使用する場合、PCで直接校正をアクティブ化できるオプションがないことを知っておく必要があります。

現時点では、実際、有名なメッセージングサービスのWebバージョンの設定にあるオプションの中で、プライバシー専用のセクションは言及されていません。

したがって、開封確認を有効にするには、必ずスマートフォンから操作する必要があります。

結論
この記事を読んで理解したかもしれませんが、WhatsAppメッセージの開封確認オプションを有効にすることは非常に簡単で、誰がどれだけの時間と労力を知っている必要はありません。少しの忍耐と数分が必要です。

私のアドバイスに従った後、恐ろしい青いダニの世界はもはやあなたにとって障害ではなく、あなたは落ち着いて(そして最後に)誰があなたのメッセージを実際に読んだかを見ることができると確信しています。

あなたが読んだものがあまり明確でなく、説明が必要な場合は、遠慮なく私に書いてください。喜んでお手伝いします。私はあなたに幸運を祈る必要があります、そして何よりも、青いダニを楽しんでください!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *