|

Salesforce で Zoom Phone を設定する

Zoom for Salesforce には、ユーザー向けに Zoom Phone を設定するオプションがあります。

Salesforce バージョン 案内する
クラシック Zoom管理者/Zoomユーザー > 割り当ての管理 > 割り当ての追加 > 設定 > 管理設定 > ユーザーの管理 > 権限セット。
Zoom管理者/Zoomユーザー > 割り当ての管理 > 割り当ての追加 > 設定 > 管理 > ユーザー > 権限セット。

Salesforce で Zoom Phone を設定するための前提条件

  • Zoom Phoneのライセンス

  • デスクトップ上の Zoom 用クライアント

  • アプリ版 Zoom for Salesforce 3.19以降

  • 管理者はサードパーティ製アプリケーションを自動的に呼び出すことができます

コール センター セットにユーザーを追加する方法

  1. を開始します 設定 プログラム。

  2. 電話 センター キーワードを入力して検索できます。

  3. [続行]ボタンをクリックすると、[コール センター]タブを選択できます。

  4. Zoom Phoneコールセンターを選択して編集できます。

  5. Zoom Phoneコールセンターページで[コールセンターユーザーの管理]>[ユーザーを追加]をクリックすると、さらにユーザーを追加できます。

  6. ユーザーを検索して選択したら、[コール センターに追加]をクリックします。

Zoom Phone の幅と高さを調整する方法

Zoom Phone ウィジェットの高さと幅は、 一番 ユーザー体験。

  1. を開始します 設定 プログラム。

  2. 電話 センター キーワードを入力して検索できます。

  3. [続行]ボタンをクリックすると、[コール センター]タブを選択できます。

  4. Zoom Phoneコールセンターを選択して編集できます。

  5. Zoom Phoneコールセンターの一般情報セクションで以下を設定します。

    • ソフトフォン 身長 = 600

    • ソフトフォンの幅 = 320

  6. 変更が保存されました。

ソフトフォン レイアウトの設定方法

  1. を開始します 設定 プログラム。

  2. にソフトフォン レイアウトを入力します。 クイック検索。

  3. [ソフトフォン レイアウト]タブに移動します。

  4. ソフトフォンの新しいレイアウトを作成します。

  5. 次の構成を行う必要があります。

  6. ファイルを保存する

  7. [ソフトフォン レイアウトの割り当て]ボタンをクリックして、電話レイアウトがユーザー プロファイルに正しく割り当てられていることを確認します。

Salesforce Lightning の追加設定

Zoom Phone 用の Salesforce Lightning アプリ:

  1. を開始します 設定 プログラム。

  2. クイック検索メニューから[アプリ マネージャー]を選択します。

  3. [アプリ マネージャー]タブに移動します。

  4. 売上の横にあるドロップダウン メニューをクリックします。

  5. CTI Softphone を開くには、[編集]を選択し、[ユーティリティ アイテムの追加]をクリックします。

  6. アイテムのプロパティを入力します。

  7. ファイルを保存します。

Click to Dial を有効にする方法

Click to Dial が機能するには、CTI アダプタの URL を設定する必要があります。

ノート: 「Visualforce」ページからの「ZoomVoiceLogin」の URL は、Salesforce アプリから電話ウィジェットからサインアウトした後に取得する必要があります。

  1. Zoom Voice にアクセスするには、次の URL をコピーします。

    1. [設定]で Visualforce ページを開き、URL を表示します。

    2. ZoomVoiceLogin は、プレビュー アイコンをクリックして表示できます。

  2. アドレス バーから、URL をコピーします。 ために 例: https://zoom-app.na135.visual.force.com/apex/zoom_app_ZoomVoiceLogin.

  3. CTI アダプター URL フィールドに、Zoom 音声ログイン URL を貼り付けます。

    1. [設定]メニューから[コール センター]を選択します。

    2. ここをクリックして続行します。

    3. 必要がある 編集をクリック 変更するには、Zoom Phone Call Center の横にある をクリックします。

    4. [CTI アダプタ URL]フィールドに、アダプタの URL を貼り付けます。
      ボックス内を左端までスクロールして URL を追加する場合は、必ず http:// の部分を含めて全体を追加してください。

  4. それから クリックしてください 保存ボタン。

タスクレイアウト画面のカスタマイズ方法

ZoomCallLogDetails VF ページを作成する

ZoomCallLogDetails VF ページがまだない場合は作成できます。 次の手順に従って作成します。

  1. セクション オプションは、[ページ レイアウト]画面にドラッグ アンド ドロップすることで、ページに追加できます。

  2. [セクション プロパティ]ページの[レイアウト オプション]で[1 列]オプションを選択し、セクションに名前を付けます。

  3. ZoomCallLogDetails は、Visualforce ページを選択すると表示されます。

  4. ドラッグ アンド ドロップするだけで、ZoomCallsLogDetails を新しいセクションに簡単に追加できます。

  5. タスク レイアウト画面は、必要に応じて各セクションの高さを調整できるように調整できます。

  6. 開いたら、[タスク]ページを更新します。

レイアウトをカスタマイズする

ZoomCallLogDetails VisualForce ページを追加して、ZoomCallLogDetails でボイスメール/録音情報を含めました。 ビジュアル アイコンがページからはみ出さないようにするには、セクションの高さを調整する必要がある場合があります。

  1. セットアップ プログラムを開き、オブジェクト マネージャ プログラムを開きます。

  2. クイック検索フィールドを使用して、タスクという単語を検索できます。

  3. タスクボタンをクリックすると、詳細画面が表示されます。

  4. 次に、[ページ レイアウト]メニューから[タスク レイアウト]をクリックします。

  5. レンチ アイコンをクリックすると、ページのプロパティを表示できます。

  6. ページの高さは調整できます。
    ノート: Web サイトでは 500 ピクセルの高さが推奨されるため、それに応じて調整してください。

  7. 完了したら[OK]をクリックするとすぐにファイルが保存されます。

自動呼び出しの設定方法

  1. Zoom の Web ポータルには、サインインしてアクセスできます。

  2. ナビゲーション メニューの[アカウント管理]オプションをクリックしてから、[アカウント設定]オプションをクリックします。

  3. Zoom Phone にアクセスするには、画面上部のタブをクリックするだけです。

  4. サードパーティ アプリから自動的に呼び出すのトグルは、対応する矢印を使用してオンまたはオフに切り替えることができます。

Zoom Phoneの設定方法

  1. 管理者として、Salesforce にログインする必要があります。

  2. Zoom Phone設定は、アプリランチャーのZoom Configタブからアクセスできます。
    ノート: のために 新しい 電話ユーティリティ バーを含むすべての Salesforce ページに設定を反映するには、ユーザーが更新する必要があります。 すべてのセールスフォース 電話の設定を変更するたびにページが表示されます。

  3. Zoom PhoneアプリケーションのZoom Phone設定セクションで、次の設定を構成します。

    • 電話のカスタマイズ コール ログ フィールド: コール ログ パネルは、[すべて表示]ボタンをクリックし、必要に応じてフィールドを追加または削除することでカスタマイズできます。

    • 電話自動保存通話ログ: 通話ログの Salesforce への保存を自動化します。 ユーザーは、保存するかどうかを選択できます。 通話を削除する この設定を無効にするとログに記録されます。

    • 電話自動保存SMS: Salesforce へのテキスト メッセージの自動送信が毎日行われます。ToDo は各番号に関連付けられており、2 つの番号が一致した場合は連絡先/リードにリンクされます。 することはできません SMS を手動で保存する場合 SMS が無効になっています。

    • 編集可能な連絡先/リードを有効にする: ユーザーが取引先責任者とリードを手動で入力し、データベースで検索できるようにします。 この設定を無効にして、入力した電話番号と同じ電話番号を持つ連絡先のドロップダウン リストをユーザーが取得できるようにすることができます。

    • 無視 内部通話: 統合の結果、内部通話は Salesforce に記録されず、統合に表示されません。

    • Salesforce ユーザー名による認証: Zoom Phone ウィジェットにアクセスするには、ユーザーは、対応する Zoom アカウントのメール アドレスと一致する Salesforce ユーザー名またはメール アドレスでログインできる必要があります。 この機能を無効にするデフォルト設定があります。 この機能を使用するには、発生する可能性のあるエラーを回避するために、ユーザーの Salesforce ユーザー名がユーザーの Zoom アカウントに関連付けられているメール アドレスと一致している必要があります。 Zoom メールが Salesforce メールと一致せず、Salesforce メールが無効になっている場合、ユーザーはエラー メッセージを受け取ります。

    • Salesforce で Zoom Phone を有効にする: Salesforce でリアルタイムに Zoom Phone のアクティビティを通知します。
      ノート: このプロセスを成功させるには、最初に Zoom 資格情報設定で Zoom API シークレットと一緒に Zoom API キーを入力する必要があります。 このページにアクセスして、Zoom 資格情報を構成する方法の詳細を確認できます。

Zoom Phone通話ログパネルの設定方法

通話ログをパネルに追加する場合は、次の手順に従います。

  1. ズーム 設定 Zoomメニューにあります。

  2. [すべて表示]ボタンをクリックします。
    デフォルトでは、Disposition フィールドが使用されるように設定されています。

  3. [新しいフィールドの追加]ボタンをクリックして、タスクまたは Zoom 通話ログ オブジェクトにフィールドを追加できます。
    ノート: テキスト フィールドに加えて、テキストエリアとピックリストもサポートされています。

  4. カスタマイズされたフィールドを削除して並べ替える必要があります。
    ノート: 変更を有効にするには、更新が必要な場合があります。

  5. ユーザーが zoomcalllog の詳細を表示できるように、zoomcalllog セクションをタスク ページ レイアウトの Visual Force ページに追加する必要があります。

Similar Posts