DPC_WATCHDOG_VIOLATIONでWindows10エラーを修正

この記事では、DPC_WATCHDOG_VIOLATION Windows10エラーを修正する方法を紹介します。問題を解決するための最も簡単な方法をいくつか提供しました。 DPC_WATCHDOG_VIOLATION Windows 10 は、Windowsユーザーが直面する可能性のある非常に一般的なエラーです。したがって、解決策を知ることが重要です。そうしないと、エラーを修正すると言うことができます。

DPC_WATCHDOG_VIOLATION Windows 10エラーを修正するにはどうすればよいですか?

 

原因

 

まず、エラーの原因について説明しますが、なぜこのエラーが実際に発生しているのですか?Windows 10DPC_WATCHDOG_VIOLATIONエラーを引き起こす可能性のある理由を知ることが重要だからです。予防策を講じることができるように。

  • 正しく構成されていない、破損している、または古いドライバー。
  • 破損したWindowsレジストリ
  • マルウェアとウイルス。
  • システムファイルの破損
  • メモリの破損
  • ドライバーの競合。

Windows10を取り除く方法

 

DPC_WATCHDOG_VIOLATIONエラー

 

次に、エラーの修正に役立つ方法について説明します。以下にリストされている方法のいずれかを試すことができます。メソッドを適用してもエラーが解決しない場合は、別のメソッドを試すことができます。

#方法1 –高速起動を無効にする

 

  1. まず、コントロールパネルを開きます。
  2. 次に、そこから[電源オプション]を選択します。
  3. 次に、左側のペインから「電源ボタンの機能を選択してください」を選択します。
  4. その後、「現在利用できない設定を変更する」オプションをクリックします。
  5. これで、「高速起動を有効にする」オプションが表示されます。オプションの前に、ボックスの選択を解除するか、チェックを外す必要があります。
  6. 次に、[変更を保存]オプションをクリックします。そして、システムを再起動します。

#方法2 –ハードドライブの破損をチェックする

 

  1. まず、検索ボックスに「コマンド」と入力します。提案にコマンドプロンプトが表示されます。
  2. それを右クリックして、管理者として実行します。
  3. 次のコマンドを入力します。
    chkdsk c:/ f / r (Enterキーを 押して数秒待つ)
    Y  (Enterキーを押して数秒待つ)
  4. その後、コンピュータを再起動します。

#方法3 –セーフモードでのディスプレイドライバの再インストール

 

  1. まず、Windows + Rキーを同時に押して、[実行]ダイアログボックスを開きます。
  2. タイプ msconfigを 実行ボックスにと入力し、Enterボタンを押してください。
  3. 次に、ウィンドウヘッダーから[ブート]を選択します。
  4. 次に、スタートアップオプションからセーフモードオプションをチェックまたはチェックします。
  5. [ネットワーク]を選択し、[OK]をクリックします。
  6. 次に、再起動をクリックします。
  7. システムを再起動した後、セーフモードに入る必要があります。
  8. 次に、デバイスマネージャに移動し、[グラフィックカード]オプションを展開します。
  9. 次に、ドロップダウンメニューのオプションを右クリックして、[アンインストール]をクリックします。
  10. 次に、[OK]をクリックしてアンインストールを確認します。
  11. システムを通常モードで再起動します。

#方法4 –Windowsシステムの復元の使用

 

  1. 検索ボックスに「コマンドシステムの復元」と入力することから始めます。そしてそれを開きます。
  2. 次に、[システムの復元]オプションをクリックします。
  3. 管理者パスワードを入力し、ウィザードウィンドウの指示に従います。
  4. システムを再起動します。

それでもエラーが発生する場合は、Windowsドライバーとチップセットドライバーを更新してエラーを解決できることに注意してください。

最後の言葉

 

したがって、これらはdpc_watchdog_violation Windows10エラーを修正するための4つの最も簡単な方法です。与えられた指示に注意深く従うことで、dpc_watchdog_violation windows10エラーを簡単に修正できると確信しています。

最後に、この記事を読み、このWebサイトにアクセスしてくださったすべての読者に感謝します。どうぞよろしくお願いいたします。記事が気に入った点を教えてください。コメントセクションでコメントをコメントします。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *