DOTと非DOTの薬物検査の違い

すべての業界で、薬物とアルコールのテストは、作業環境を安全に保つ上で重要な役割を果たします。DOTおよび非DOTテストプログラムは、企業が従業員に課すことができる対策の例です。この記事では、2つの主な違いについて説明します。

比較表

DOT薬物検査 非DOT薬物検査
運輸およびセキュリティ業界に直接関与するほとんどの労働者の要件 薬物やアルコールのない職場環境を維持する企業向けに設計されています
アヘン剤、アンフェタミン、PCP、コカイン、マリファナの5パネルテスト メタンフェタミン、アンフェタミン、コカイン、アヘン剤、カンナビノイド、メタドン、バルビツール酸塩、PCP、プロポキシフェン、ベンゾジアゼピンの10パネルテスト。
サンプルは特定の目的にのみ使用されます。 複数の目的で標本を使用できます

スクリーニングプログラムの 薬物検査 DOT  (運輸省)  米国は比較的簡単です。最も一般的な違法物質とアルコール乱用のテストについて説明します。国内には認定された試験所が多数あります。これにより、運輸業界に関与しているかどうかに関係なく、すべての企業がガイドラインへの準拠に簡単にアクセスできるようになります。ただし、事業の種類と雇用主が提供するサービスまたは製品によって、会社に適用できるコンプライアンスプログラムが決まります。

一般に、企業が運輸業界に関与し、セキュリティに敏感な立場にある人々を雇用している場合、DOT薬物検査プログラムを受ける必要があります。このような役職の例としては、スクールバスの運転手、パイロット、トラックの運転手、地下鉄の運転手、船長、列車のエンジニア、航空機の整備員などがあります。彼はまた、連邦航空局、連邦航空局、連邦公共交通局などの他の組織で同様の役職を担当しています。

DOT薬物スクリーニングは、保健社会福祉省によって承認された研究所で実施する必要があります。尿は、アヘン剤、アンフェタミン、PCP、コカイン、マリファナをスクリーニングする5つのパネルテストにかけられます。アルコール検査は、唾液を採取するか、飲酒検知器を使用して行われます。

薬物検査 DOTは、薬物およびアルコールの検査を実施する際に、必ずしもDOT規制に準拠しているとは限りません。社用車のみを運転する従業員、または貨物や乗客の輸送に直接関与しない従業員は、DOT薬物検査プログラムを受ける必要はありません。ただし、非DOT薬物スクリーニングでは、より多くのテストを使用して、より広範囲の禁止薬物を検出できます。尿に加えて、これらの検査には、唾液、汗の染み、髪の毛のサンプル、飲酒検知器など、さまざまな種類のサンプルが必要です。10パネルテストは、少量の痕跡に関係なく、より正確な結果と薬物レベルの詳細な分析を提供する非DOTテストの例です。サンプルは、メタンフェタミン、アンフェタミン、コカイン、アヘン剤、カンナビノイド、メタドン、

非DOT薬物検査を提供する試験所は、2つの認定機関からの認証を提出する必要があります。これらは、臨床検査改善法と米国病理学者の大学です。DOT以外のテストは、DOT認定のラボでは実行しないでください。法廷で結果が争われると、法的な問題が発生する可能性があります。

DOTと非DOTの薬物検査

では、DOTと非DOTの薬物検査の違いは何ですか?DOTの薬物およびアルコール検査規制は、運輸業界に関与し、警備員を雇用している企業に課せられています。乗客や貨物の輸送に直接関与していない人を雇用している企業は、薬物やアルコールのない職場を実施する際にDOT規制の対象となる必要はありません。

米国運輸省は、両方のテストを同時に実施することはできず、通常は同じ組織内では実施できないと判断しています。DOTの薬物およびアルコールのスクリーニングは、非DOTテストよりも優先されます。DOTテスト手順で残った材料は、非DOTテストのサンプルとして使用できません。最も重要なことは、DOTテストの結果が常に非DOTの結果よりも優先されることです。たとえば、陰性の非DOTテスト結果を使用して、同じ人の陽性のDOTテスト結果を害することはできません。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *