自動車

シートベルトプリテンショナーの修理(および交換費用)

現代の車で事故に遭った場合でも、シートベルトシステムによりシートをしっかりと固定できるため、前にけいれんしたり、フロントガラスから飛び出したりすることはありません。もちろん、これはあなたが法律に従い、実際にシートベルトを着用している場合にのみ起こり得ます。 その場合、シートベルトシステムには「シートベルトプリテンショナー」と呼ばれるコンポーネントがあり、事故時にシートベルトを固定します。そのため、シートベルトを素早く前に押しても、シートベルトが伸びたり、たるんだりすることはありません。 シートベルトプリテンショナーのしくみ 車両が事故に遭うと、急減速が発生します。この突然の減速を検出するセンサーが車両にあります。シートベルトプリテンショナーは、シートベルトシステム内の隠されたピストンを動かす力を送ります。 ピストンはすぐにスプールを回転させ、シートベルトストラップを巻き付けます。このプロセス全体は1秒以内に発生します。シートベルトストラップは基本的にたるみがなくなり、動かなくなります。 あなたはこのベルトの下にいるので、事故の衝撃が発生している間、あなたはあなたの座席に安全に固定されたままです。 あなたが運転手と助手席にしっかりと固定されていると、エアバッグシステムはあなたの前にエアバッグを展開します。シートベルトとエアバッグシステムが連携して、フロントの全員を安全に保ちます。 事故でシートベルトを着用していなかった場合、エアバッグはあなたを救うことができません。衝撃の力は非常に強いので、エアバッグが完全に展開する前に、前方にジャークしたり、フロントガラスを飛んだりします。 シートにストラップを付けたままにすることで、身体がエアバッグの真正面に配置され、物理的な打撃を可能な限り減らすことができます。 また読む:エアバッグ交換費用 シートベルトプリテンショナーの交換費用 交換部品をお探しですか? 最良の価格と選択のために、PartsGeek.comまたはBuyAutoParts.comをお勧めします。 事故に遭うたびにシートベルトプリテンショナーを交換する必要があります。シートベルトプリテンショナーは、特に自分で交換する場合はそれほど高価ではありません。これは、プロの整備士を必要としないエアバッグシステムの数少ない部品の1つです。 シートベルトプリテンショナーの交換費用は約150ドルから200ドルです。部品のコストは約50ドルから100ドルですが、人件費は約100ドルから125ドルです。お住まいの地域で十分に安い整備士を見つけることができれば、または単に車で働くのが好きな仲間の助けを借りることができれば、労働力を減らすことができるかもしれません。 また、シートベルトプリテンショナーの修理を専門とするショップが全国にいくつかあります。使用済みのプリテンショナーを送るだけで、再構築してから返送します。ユニットを修理または再構築すると、いくらかのお金を節約できます。

スターターモーターの寿命を延ばすための5つのヒント

スターターモーターは、エンジンをクランキングして、エンジンが単独で作動できるようにします。車のバッテリーはスターターモーターに電流を送り、このアクションを開始できるようにします。これは、イグニッションのキーを回して車両を始動するたびに発生する通常のプロセスです。 以前は油圧式スターターモーターしか搭載されていませんでしたが、現在では電動スターターモーターが搭載されています。スターターモーターの耐久性を維持し、長持ちさせるには、基本的に車両の電気系統を維持する必要があります。 トップ5スターターモーターメンテナンスのヒント スターターモーターは、機能を維持するために電気システム内の他のコンポーネントの完全性に依存しています。以下は、カースターターモーターの耐久性を可能な限り維持するために従う必要のある上位5つのヒントです。 1.コネクタを清掃します バッテリーとスターターモーターは、一連の特別なコネクターワイヤーを介して接続されています。コネクタに腐食があったり、その他の種類の汚れや汚れがあると、スターターリレーに送られる電流の強度が制限されます。 これにより、モーターがエンジンを完全にクランキングするのに十分な電力を生成することがほぼ不可能になります。さらに、モーターの完全性を損ない、過度に摩耗する原因になります。そのため、コネクタは常に清潔に保つ必要があります。 2.取り付けボルトを締めます スターターモーターは取り付けボルトで固定されています。これらの取り付けボルトが緩みすぎると、スターターのドライブとフライホイールが互いにかみ合うことができなくなります。これが発生する症状の1つは、エンジンを始動しようとするたびにひどい音がすることです。 これを防ぐために、スターターモーターの取り付けボルトが締められていることを定期的にチェックする必要があります。 3.ソレノイドを清掃します ソレノイドはモーターのスターターリレーです。モーターの上部には、小さな円筒形のオブジェクトとして表示されます。プラスのバッテリーケーブルは、バッテリーからソレノイドに接続するものです。 バッテリーのプラス端子に相当します。また、ターミナルと同様に、ソレノイドは定期的に清掃および保守する必要があります。そこに見られる場合は、すべての汚れ、腐食、および破片を一掃する必要があります。 4.ターミナルを掃除します バッテリー端子は腐食で覆われることで有名です。バッテリーの酸は水素ガスを生成しますが、長期間使用すると、最終的にはバッテリーから水素ガスが排出されます。 これらのガスは、2、3年後にバッテリーとその端子に通常見られる腐食性物質を形成します。このように端子を覆うと、バッテリーからスターターモーターに流れる電流が弱まります。 端子の清掃は、バッテリーだけでなく、モーターにも適しています。 また読む:悪い車のバッテリーの5つの症状と交換費用 5.フライホイールを点検します フライホイールは、スターターがエンジンをクランキングするのを助ける回転装置です。スターターの前面にはピニオンギアと呼ばれるものがあります。これは、エンジンをクランキングできるようにフライホイールと噛み合うギアです。 フライホイールの歯とギアの歯の両方が良好な状態である必要があります。これらの歯にひびが入ったり、摩耗したり、完全になくなったりすると、スターターモーターが誤動作します。フライホイールまたはピニオンギアの歯が問題を引き起こしている場合は、それらを交換する必要があります。 これらの条件下で2つのエンジンを強制的に接続し続けると、スターターモーターがより早く摩耗する可能性があります。

悪いオルタネーターの5つの症状(および交換費用)

オルタネーターは現代の自動車の重要なコンポーネントです。新しい車両には、電力を供給する必要のある電気システムやコンポーネントがたくさんあります。オルタネーターは、これらの電気的機能を電力で充電するコンポーネントです。オルタネーターがなかったら、これらの電気部品を充電するのに十分な電力がありませんでした。 多くの人はこの重要な事実を忘れて、バッテリーがすべてを充電すると思い込んでいます。真実は、車のバッテリーはスターターモーターがエンジンを始動するのに必要な電流しか供給しないということです。それが起こると、オルタネーターが引き継ぎ、すべての電気システムに電力を供給します。ヘッドライト、エアコン、パワーウィンドウ、ラジオなどに電力を供給します。 さらに重要なことに、オルタネーターはエンジンとエンジン制御ユニットにも電力を供給します。現代の車両には、車のほぼすべての領域に電気部品があることを忘れないでください。車両に搭載されているすべてのセンサーとコンピューターは電気で動作します。これは、オルタネーターがそれらを提供する力です。 一般的な悪いオルタネーターの症状 バッテリーのように、オルタネーターは時間の経過とともにゆっくりと摩耗します。車両を使用すればするほど、オルタネーターは摩耗します。新しい車両のオルタネーターの寿命は、ほとんどの人にとって通常6年から8年です。 オルタネーターがいつ故障するかはわかりませんが、注意が必要な警告サインがあります。これらの警告サインをバッテリー残量低下のサインと混同するのは簡単です。そのため、不良オルタネーターの特定の症状について概説します。 1)ヘッドライトの調光 夜間にヘッドライトをオンにして運転していて、ヘッドライトが暗くなり始めていることに気付いた場合は、オルタネーターが故障していることを意味します。オルタネーターはヘッドライトの主な電源ですので、バッテリーが劣化しているとは思わないでください。 安全のため、昼間になるまですぐに運転をやめてください。次に、車両を自動車修理店に持っていき、オルタネーターを交換してもらいます。 2)車が始動しない オルタネーターが故障すると、車両のすべての電気部品がカーバッテリーから電力を引き出します。車のバッテリーが新品であっても、バッテリーだけが電気部品に電力を供給している場合、車はブロックの周りを通りません。 悪いオルタネーターがあると、すべての電力がバッテリーから排出されます。その結果、エンジンを始動しようとしたときに、バッテリーがスターターモーターに電流を供給することができなくなります。それはあなたの車が始動しないことを意味します。 3)警告灯 ダッシュボードの警告灯が点灯します。オルタネーターに問題があることを示すために、「ALT」の文字が点灯するはずです。ただし、一部の車両には代わりに「GEN」の文字が付いています。 オルタネーターの効果により、バッテリー警告灯が点灯するのは間違いありません。 4)電気部品が機能しなくなる オルタネーターは車両の電気部品に電力を供給するため、これらの部品がうまく機能していないことに気付くかもしれません。たとえば、エアコンが空気を吹き飛ばしていないか、ラジオがオンになっていない場合、これらはオルタネーターの不良を示しています。 5)奇妙なノイズ オルタネーターの内部には多くの回転部品があります。これらのコンポーネントは、車両の他のすべての電気コンポーネントに電力を供給するために必要な電流を生成します。 オルタネーターが故障すると、オルタネーター自体の回転部品の一部が損傷または摩耗する可能性があります。これにより、彼らは奇妙な粉砕音を出すでしょう。彼らはまた、泣き言の音かもしれません。 オルタネーターの交換費用 交換部品をお探しですか? 最良の価格と選択のために、PartsGeek.comまたはBuyAutoParts.comをお勧めします。 不良オルタネーターでできる最善のオプションは、新品または中古のオルタネーターと交換することです。新しいオルタネーターは400ドルから1000ドルの費用がかかります。再生または再製造されたオルタネーターを購入した場合、200ドルから500ドルの費用がかかります。 新品でも再生品でも、オルタネーターを交換するためにさらに100ドルから250ドルの労力を計画してください。

カーエアコンが冷えない? (5つの理由)

私たちは皆、暑い夏の日に涼しく保つために車のエアコンに頼っています。車内が非常に暑いときに、通気口から冷気が出ないことほど悪い気分はありません。 エアコンの電源を入れても、通気口から暖かい空気しか出ない場合は、明らかにエアコンシステムに問題があるはずです。ただし、これはシステム全体が誤動作していることを意味するものではありません。 システム全体の1つのコンポーネントに障害がある可能性があります。必要なのは、空調システムが完全に故障するための1つの悪いコンポーネントです。最も難しいのは、どのコンポーネントがこの誤動作を引き起こしたのかを突き止めることです。 車のエアコンが冷えない一般的な原因 あなたのエアコンがあなたの車のために冷気を生成するのをやめる原因はたくさんあります。それが何であるかを推測するのではなく、最も一般的な原因が何であるかを理解する必要があります。 カーエアコンが冷えていない場合に注意を払う必要がある最も一般的な原因の5つを次に示します。 1)汚染されたシステム がれきや湿気の多い場所で車両を運転すると、エアコンシステムが汚染される可能性があります。言い換えれば、通常は空調システムに流入して冷気を生成する気流を遮断する可能性があります。 空気がシステムに入ることができない場合、空気をまったく調整することができません。また、A / Cコンデンサーが破片で詰まっていると、冷媒液がコンデンサーに到達して冷却されなくなるため、冷媒液が過熱します。 2)悪いエアコンコンプレッサー A / Cコンプレッサーは、冷媒を圧縮して高圧にする役割を果たします。これは、冷媒がA / Cコンデンサーにポンプで送られ、そこで冷却される前に発生します。 A / Cコンプレッサーが機能していない場合、冷媒を圧縮することはできません。これにより、最終的に空冷プロセスが完全に失敗します。 3)冷媒漏れ 冷媒は、空調システムの血液のようなものです。高温の冷媒液がA / Cコンデンサーで凝縮すると、冷たいガスが発生し、それが冷たい空気になって通気口から吹き出されます。 空調システムに十分な冷媒が流れていない場合、冷気はありません。冷媒の漏れは、リザーバー内の冷媒レベルが低い一般的な理由です。 漏れの場所を見つけるのは難しいかもしれません。システムのホース接続を徹底的にチェックして、亀裂や漏れがないか確認します。 4)悪いエアコンコンデンサー 前述のように、A / Cコンデンサーは、A / Cコンプレッサーから来る過熱した加圧冷媒を冷却する役割を果たします。ただし、A / Cコンデンサーが不良または誤動作している場合は、冷媒が過熱したままになります。 それからあなたが得るすべてはあなたの通気口から出てくる熱い髪の束です。 5)電気的な問題 あなたのエアコンシステムは電気で動くことを忘れないでください。あなたのエアコンをあなたの車のバッテリーとダッシュボードコントロールに接続する多くのワイヤーがあります。これらのワイヤーのいずれかが摩耗または損傷していると、エアコンが適切に機能して冷気を生成するために必要な電力供給に干渉する可能性があります。 電気システム全体が危険にさらされていると思われる可能性があるため、この問題を自分で診断するのは難しい場合があります。ただし、他のすべての電気部品が機能している場合は、配線を目視検査して、問題がどこにあるかを確認する必要があります。 このタスクに自信がない場合は、代わりに専門の整備士を雇ってそれを行うことをお勧めします。

エアバッグシステム(SRS)の7つの部品

エアバッグまたは補助拘束システム(SRS)は、車両用に作られた安全装置です。これは、事故が発生した場合に運転手と助手席の乗客を拘束することを目的としています。 たとえば、ドライバーが自分の車を別の車の後ろに高速で衝突させた場合、ステアリングホイール内のエアバッグモジュールはほぼ瞬時に膨張します。そうすることで、ドライバーが頭や上半身をステアリングホイール、ダッシュボード、またはフロントガラスにぶつけないようにします。 エアバッグは膨張後数秒以内に収縮するため、ドライバーはエアバッグに窒息することはありません。エアバッグシステムは、加速度の大幅な低下が検出されたとき、または車両が別の硬い物体と衝突したときに作動します。 エアバッグコンポーネント エアバッグシステムを構成するいくつかの部品があります。これらの各部品には、エアバッグの膨張を適切なタイミングで発生させるという特定の機能があります。 以下は、エアバッグシステムの7つの主要部分と、それぞれの機能の説明です。 1)エアバッグインフレーター エアバッグインフレータはエアバッグモジュールの一部であり、エアバッグも含まれています。エアバッグインフレータの仕事は自​​明でなければなりません。エアバッグモジュール内のエアバッグをすばやく膨らませて、エアバッグが出てきて車から飛び出すのを防ぎます。 インフレーションシステムは、硝酸カリウムとアジ化ナトリウムを混合して窒素ガスを生成することにより、このインフレーション効果を生み出すことができます。このガスがエアバッグに入ると、膨張効果が瞬時に発生します。 2)クラッシュセンサー エアバッグシステムはクラッシュセンサーに依存しているため、エアバッグモジュールはいつエアバッグを膨張させるかを認識します。これらのクラッシュセンサーは、車の加速が突然停止したことを検出します。 時速15マイル以上で走行中に車が固形物に衝突すると、衝突センサーがエアバッグ膨張システムを作動させます。 3)診断モニタリングユニット 車両を始動するたびに、診断監視ユニットがエアバッグシステムのテストを実行して、エアバッグシステムが正しく機能していることを確認します。すでに事故に遭い、エアバッグが膨らんだ場合は、エアバッグシステムをリセットできるように、エアバッグを扱っている販売店または自動車修理店に車を持って行く必要があります。 そうしないと、診断監視ユニットがエアバッグシステムの誤動作について警告し続けます。 4)インジケーターランプ インジケーターランプは、基本的にエアバッグシステムの警告灯です。車両がシステムの診断チェックを行うと、インジケーターランプが数秒間点灯します。 ただし、エアバッグシステムに問題がある場合は、インジケーターランプが点灯したままになります。 5)接続コイル 接続コイルは、ステアリングホイールとエアバッグシステムを接続するものです。これは、車両の運転席側エアバッグに適用されます。 一部の車両には、キャビンの助手席側にもエアバッグがあります。その場合、接続コイルは小物入れの上のダッシュボード領域に存在します。 6)エアバッグ もちろん、エアバッグ自体はエアバッグシステムの別の部分です。これは、他の車両または固形物との衝突時に、運転手または助手席の前(および/または横)で膨張するバッグです。 エアバッグは通常、ナイロン生地で作られています。焦げ付きが発生した場合に生地を保護するために、熱シールドでコーティングされています。 関連項目:エアバッグの交換費用 7)ワイヤーハーネス ワイヤーハーネスは、エアバッグシステムのすべてのコンポーネントを相互に接続する一連のワイヤーを表しています。損傷したワイヤーや機能していないワイヤーが1つしかない場合は、エアバッグシステム全体が故障します。

不良カーバッテリーの5つの兆候(および交換費用)

エンジンを始動して車両を運転するには、最初にエンジンをクランクする必要があります。これには、点火システムとスターターモーターの支援が必要です。ただし、機能を開始する前に、独自の電流が必要になります。ここでバッテリーが活躍します。 バッテリーの機能は、点火システムとモーターに必要な電流を生成することです。イグニッションシステムのキーを回すとすぐに、バッテリーから電流が流れます。 まれに、オルタネーターが故障した場合にバッテリーがバックアップ電源として機能します。しかし、バッテリーはこの種のエネルギー需要を処理できないため、非常に長い間必要な量の電力を供給することができません。 悪いカーバッテリーの一般的な症状 ほとんどの車のバッテリーは、車を運転する頻度にもよりますが、2年から5年の間持ちます。サブウーファーやエアコン付きのラジオのような余分な電子アクセサリーをたくさん使うと、バッテリーの電力をより早く消耗します。 最終的に、バッテリーは弱まり始め、充電量が少なくなり、最終的に完全に切れます。バッテリーが完全になくなる前にバッテリーを交換することをお勧めします。そうしないと、どこかで立ち往生する可能性があります。 以下は、車のバッテリーが劣化しているかどうかを知らせる上位5つの症状です。これらは、すぐにバッテリーを交換する必要があるという警告サインにしましょう。 1)明滅または調光ライト バッテリーは、ダッシュボードのすべてのライトと車両のアクセサリーに電力を供給します。あなたのヘッドライトでさえバッテリー電源も必要とします。 これらのライトのいずれかがちらつき、暗くなり、または完全に消え始めた場合、これはバッテリーの電力が不足していることを示す警告サインです。すべてのライトが完全に消える前に、すぐに交換してください。 2)車が始動しない イグニッションのキーを回してエンジンをクランクオーバーさせることはできますが、それが必ずしも車を始動させるとは限りません。バッテリーが故障している場合、車はゆっくりとエンジンをクランキングして始動を試みますが、成功しません。 この問題はランダムに発生するだけであり、問​​題に直面するまではおそらく問題が発生することはありません。低温はこれにさらに影響を及ぼします。 3)腐食 どのくらいの頻度でバッテリー端子をチェックしますか?古いバッテリーの明らかな兆候の1つは、これらの端子に腐食が見られる場合です。車のバッテリーをしばらく使用すると、バッテリーの酸が水素ガスを放出し、それが端子に浸透してこの腐食を引き起こします。 腐食を取り除く必要があると言う人もいますが、それだけです。彼らがあなたに言っていないのは、同じバッテリーを使い続けると腐食の問題が再発し続けるということです。そのため、すぐに交換を検討する必要があります。 4)警告灯 ほとんどの車はダッシュボードにバッテリー警告灯があります。バッテリー警告灯が点灯している場合は、カーバッテリーテスターを使用して状況を調査し、バッテリーの残量を確認する必要があります。 問題は実際には悪いオルタネーターである可能性があるため、適切な診断が必要であることに注意してください。 5)エンジンが停止します バッテリーにはエンジンを回転させるのに十分な電力があるかもしれませんが、その後すぐにエンジンが停止します。定期的にジャンプスタートをしなければならない場合は、すぐにバッテリーを交換することを検討する必要があります。 ただし、整備士に車両を調べて、別のコンポーネントがバッテリーの電力を消耗していないかどうかを確認することもできます。 カーバッテリーの交換費用 交換部品をお探しですか? 最良の価格と選択のために、PartsGeek.comまたはBuyAutoParts.comをお勧めします。 良いニュースは、車のバッテリーの交換にそれほど費用がかからないことです。あなたは平均して60ドルから150ドルの間で新しい車のバッテリーを手に入れることができます。もちろん、ハイブリッド車を運転している場合、それは別の話です。 バッテリーは、誰でも簡単に交換できる数少ない車両コンポーネントの1つでもあります。このように、誰かに古いバッテリーを取り出して新しいバッテリーを入れるためだけに、人件費に45ドル余分に費やす必要はありません。これを自分で行うのに15分以上かかることはありません。 多くの自動車部品店では、車のバッテリーを購入すると無料で取り付けられます。すべての車のバッテリーには保証が付いていますが(つまり、48か月、60か月、96か月)、それほど長くは続かないことに注意してください。 幸いなことに、ほとんどの自動車用バッテリーブランドは、故障したバッテリーを約2年のマークまで交換し、保証期間まで使用できない場合は部分的なクレジットを提供します。

悪いウィンドウレギュレーターの4つの症状(および交換コスト)

今日の道路上のほとんどすべての新しい車両にはパワーウィンドウがあります。パワーウィンドウを使用する利点は、ボタンまたはスイッチを押すだけで、車両のドアウィンドウを上下させることができることです。 これは確かに、手でウィンドウを上下にクランクする必要があった従来の手動ウィンドウよりも便利です。パワーウィンドウが魔法のように機能することを可能にするメカニズムは、パワーウィンドウレギュレーターと呼ばれます。 ウィンドウレギュレーターのしくみ パワーウィンドウ付きのすべてのドアには、内部に電気モーターが組み込まれています。このモーターは、レギュレーターによってウィンドウに接続されています。 人がドアのボタンを押して窓を上下させると、電気モーターが作動し、レギュレーターを利用して窓の操作を実行します。手動ドアウィンドウにもレギュレーターがありましたが、これらは現在のパワーウィンドウレギュレーターとは少し異なっていました。 手動ドアウィンドウには、交差する2つの金属アームがあるため、はさみのように見えるレギュレーターがあります。誰かがウィンドウをクランキングするとき、彼らは実際にレギュレーターを動かすギアをクランキングしていて、それがウィンドウを動かします。 これらのレギュレーターは、金属部品のために非常に重いです。一方、パワードアウィンドウでは、レギュレーターは駆動機構に接続された軽量ケーブルです。パワーウィンドウを備えたほとんどの新しい車両には、このケーブルレギュレーターが搭載されています。 トップ4の悪いウィンドウレギュレーターの症状 ここにあなたが注意する必要がある悪いパワーウィンドウレギュレーターの4つの一般的な症状があります。これらのいずれかにより、パワーウィンドウが正しく機能しなくなります。 1)ウィンドウボタンが失敗する ボタンを押してもドアウィンドウを下げたり上げたりできない場合は、パワーウィンドウレギュレーターが不良である可能性があります。これは、この種の問題の最も明白な症状です。 2)スタックウィンドウ ウィンドウが少し上下する状況があるかもしれませんが、その後、ウィンドウを移動したい場所のほぼ中間でスタックします。ウィンドウが動かなくなったときはいつでも、おそらく壊れているレギュレーターがあります。 3)奇妙なノイズ ウィンドウが動くことができ、奇妙な音が聞こえる場合、これはレギュレーターの故障の早期警告サインである可能性があります。ノイズは、すりつぶしたり、カチッという音がしたり、チャタリングしたりするように聞こえる場合があります。 4)ウィンドウドロップ レギュレーターがひどく損傷している非常にまれな状況では、窓を下げたり上げたりすると、文字通り窓がドアの内側に落ちることがあります。これは、車が他の車両によってドアが損傷した事故にあったときによく見られます。 また読む:ステアリングラックアンドピニオンリークの原因と症状 パワーウィンドウレギュレーターの交換費用 交換部品をお探しですか? 最良の価格と選択のために、PartsGeek.comまたはBuyAutoParts.comをお勧めします。 パワーウィンドウレギュレーターが機能しなくなることは、それほど珍しいことではありません。特定のドアのウィンドウボタンを押すたびに、パワーウィンドウレギュレーターが徐々に摩耗します。 レギュレーターが完全に摩耗して機能しなくなるのは時間の問題です。それが発生すると、レギュレーターが交換されるまで、そのドアのパワーウィンドウを下げたり上げたりすることはできません。 パワーウィンドウレギュレーターの交換費用は、合計で250ドルから400ドルです。部品のコストは150ドルから270ドルの範囲で、人件費は100ドルから130ドルの範囲です。これらの金額には税金と手数料も加算されますので、忘れないでください。 ご覧のとおり、パワーウィンドウレギュレーターを交換するのは必ずしも安価ではありません。ただし、各ドアにはレギュレーターがあるため、車両の耐用年数にわたって複数のレギュレーターを交換する必要がある可能性があります。

キセノンヘッドライトはそれだけの価値がありますか? (長所と短所)

キセノンヘッドライトは、最新の高度なヘッドライト技術の一部です。時々、あなたはあなたの車の既存の工場のヘッドライトをこれらの優れたキセノンヘッドライトと取り替えるオプションを持っています。 このテクノロジーを利用するために高級車を購入する必要はありません。これらのキセノンヘッドライトを使用して、車の既存のハロゲンヘッドライトをアップグレードできるキセノンヘッドライトキットが販売されています。 これは、古い車を持っていて、クラシックなハロゲンヘッドライトをアップグレードする必要がある人に最適です。そうすれば、これまでにないほど多くの道路を見ることができます。ヘッドライトハウジングも大きな役割を果たしているため、工場のキセノンヘッドライトはほとんどの場合、後付けされたものよりも優れていることに注意してください。 あなたは正確に「キセノン」が何であるか疑問に思うかもしれません。まあ、それは実際には色や臭いのないタイプのガスです。ただし、ほんの少しの電気を使って加熱すると、非常に明るく点灯します。 実際、照明は黄色のライト、ハロゲンライト、さらにはLEDライトよりもはるかに明るくなります。市場に出回っている他のヘッドライトは、キセノンヘッドライトのパワーに匹敵するものはありません。 キセノンヘッドライトの利点 キセノンヘッドライトについて言うべき主に良いことがあります。以下は、キセノンヘッドライトで車両をアップグレードする必要がある4つの理由です。 1)より白い照明 キセノンヘッドライトは非常に白い光を生成します。キセノン照明を当てると、薄暗い部分や暗い部分をはっきりと見ることができます。 それだけでなく、白さは通常のハロゲンヘッドライトよりもはるかに遠くまで伸びます。 2)より明るい照明 おそらくキセノンヘッドライトの最も良いところは、その優れた明るさです。ハロゲンライトやLEDライトよりも明るいです。 夜間に運転しているときは、キセノンヘッドライトが点灯しているときの環境を昼間のように見せることができます。 3)寿命 キセノンヘッドライトに使用されているキセノン電球には、キセノンガスが含まれています。このガスはすぐに死んだり不足したりすることはありません。ハロゲンヘッドライトは400時間から1,000時間まで持続しますが、キセノンヘッドライトは2,000時間も持続します。 4)エネルギー効率 キセノンヘッドライトは、エネルギー効率に関しては非常に優れています。キセノンはガスであり、それが長持ちすることを忘れないでください。このガスを上に向けて明るくするために必要なのは少量の電気だけです。 このため、キセノンヘッドライトの方がハロゲンヘッドライトよりもはるかに少ないバッテリー電力を消費します。 キセノンヘッドライトのデメリット 何かに良いものが多すぎるときはいつでも、あなたはいつもいくつかの悪い性質も見つけることができます。キセノンヘッドライトには、言及する価値のあるいくつかの後退があります。以下は、考慮すべきキセノンヘッドライトの2つのマイナス面です。 1)グレア キセノンヘッドライトの明るさは運転を容易にするかもしれませんが、道路上の他のドライバーの運転を容易にすることはできません。明るさは彼らの鏡にまぶしさを反射させる可能性があり、それは彼らが道路を見るのをより難しくします。 これは事故を引き起こしたり、ヘッドライトの明るさに腹を立てるロードレイジ状況を引き起こす可能性があります。 ヘッドライトが適切に配置されていることを確認して、対向車を盲目にするのではなく、道路を照らしていることを確認します。 2)安くはない あなたがあなたが支払うものを手に入れるのは本当です。キセノンヘッドライトは最高で最も明るいものの1つです。つまり、最も高価なヘッドライトの1つでもあります。 キセノンヘッドライトは通常、特定のメーカーまたはモデルの車両用に製造されていないため、事実上すべてのメーカーまたはモデルのヘッドライトをアップグレードできるキセノンヘッドライトキットを購入する必要があります。このキットは、主にそれらが非常に高価である理由です。 それに加えて、あなたはおそらくあなたのためにヘッドライトを設置するために整備士の人件費を支払う必要があるでしょう。しかし、自分でこの作業を実行できると確信している場合は、数百ドル節約できます。

車のバッテリーを消耗するものは何ですか? (5つの一般的な原因)

車のバッテリーの主な機能は、エンジンの始動を支援することです。その後、オルタネーターは、車両のすべての電気部品の機械的エネルギーを電気エネルギーに変換することで引き継ぎます。 ただし、車のバッテリーは機能している必要があります。機能していないと、このプロセス全体が開始されません。車のバッテリーは、車の運転量や気候にもよりますが、2年から5年は長持ちします。 ただし、車のバッテリーの電力が不足している、または本来よりも早く切れていることに気付いた場合は、何かが原因で車のバッテリーの電力が急速に消耗しています。 車のバッテリーの消耗のトップ5の原因 車のバッテリーの電力が消耗する理由はたくさんあります。以下は、車のバッテリーが早期に切れている理由を理解するのに役立つ最も一般的な5つの理由です。 1)悪いオルタネーター 電気の問題が発生すると、車のバッテリーが故障したのか、オルタネーターが故障したのかわからないことがよくあります。オルタネーターの場合、これにより実際にバッテリーの電力が失われ、すぐに故障する可能性があります。 オルタネーターが車両の電気部品に電力を供給できない場合、車両は代わりにバッテリーに依存してこの電力を供給します。車のバッテリーにはこれらすべてのコンポーネントを満たすのに十分な電力がないため、バッテリーの電力はすぐに消耗します。 2)古いバッテリー オルタネーターは、車のバッテリーを電力で再充電する責任があります。ただし、バッテリーが古くなっていたり、使い古されていたりすると、適切に充電できず、以前のように電力を保持できなくなります。 これは、車両を始動しようとすると常に問題が発生することを意味します。これは、充電式バッテリーの場合です。 3年前のiPhoneは、購入した日の充電時間ほど長くは続かないことに気付くでしょう。 関連項目:カーバッテリーの交換費用 3)充電システムの故障 良いバッテリーとオルタネーターを持っていることは可能ですが、バッテリーの充電に関してはまだ問題があります。この問題は充電システムにあり、車両の運転中にバッテリーから電力が消費される可能性があります。 さらに悪いことに、ヘッドライト、エアコン、ラジオなどを使用している場合、バッテリーの電力はさらに消耗します。これらのタイプの問題は、診断に大きな頭痛の種になる可能性があるため、電気診断の専門家に任せる必要があります。 4)何かを残した 多くの新しい車両は、エンジンをオフにして車両から降り、ドアを閉めると、電気部品を自動的に遮断します。ただし、ドアが完全に閉まらない場合、またはトランクを完全に閉めなかった場合でも、ヘッドライトまたはキャビンライトが一晩中点灯したままになる可能性があります。 これによりバッテリーが消耗し、朝に車が始動しないことがわかります。うまくいけば、あなたの車はこれが起こるのを防ぐ機能を持っています。 5)電気的な問題 エンジンをオフにしても、車両の電気部品が作動し続ける場合、これは寄生ドレインと呼ばれます。車両の電源を切った後、セキュリティシステムと時計に電力を供給しているだけの場合、これは正常な場合があります。 しかし、車の電源を切った後、ダッシュボードのコンピューター画面やヘッドライトなどの他のものに電力を供給している場合は、バッテリーを消耗している何らかの電気的な問題があります。

スターターモーターの不良の5つの症状(および交換費用)

すべての車両にはスターターモーターが搭載されています。スターターモーターの目的は、内燃エンジンを始動できるようにすることです。スターターは、実際にはエンジンを始動する単なる電気モーターにすぎません。 イグニッションスイッチをオンにすると、スターターモーターにエネルギーが流れ、エンジンに空気と燃料が吸い込まれます。その間、点火プラグは電気を受け取り、燃焼室内の燃料に点火することができます。 このプロセス全体は、エンジンがオンになって適切に機能するために重要です。そのため、スターターにわずかな問題があると、エンジンの内燃機関が故障します。 悪いスターターモーターの症状 スターターモーターが故障した場合、何を探すべきかを知っていれば、症状を簡単に認識できます。これらの症状に最初に気付いた後、すぐにスターターをチェックするのが最善の方法です。 以下は、スターターが不良であり、交換が必要な可能性があることを示す、注意が必要な5つの一般的な症状です。 1)車両を始動できない これは、誰もが気付くはずの最も明白な症状です。イグニッションでキーを回してもエンジンが回転しない場合は、スターターリレーが損傷しているか摩耗している可能性があります。 この時点では車両を運転することすらできないため、最寄りの自動車修理店に牽引してスターターを交換する必要があります。 2)エンジンベイからの煙 車両から大量の煙が発生し、それが引き続き発生する場合は、スターターがショートしている可能性があります。煙が出る理由は、電源からの電気が短絡したスターターを通過しようとしているためです。これにより、車両から灰色または黒色の煙の霧が発生します。 3)研削音 一連のギアがフライホイールとスターターを接続します。どちらのコンポーネントも、摩耗しすぎると研削音が発生する可能性があります。悪いスターターモーターは、その内部から研削音が聞こえ、ギアが摩耗すると、これらの音も発生します。 いずれにせよ、あなたはすぐにあなたの車を整備士に連れて行き、彼らがどれが研削音を引き起こしているのかを知ることができるようにするべきです。 4)フリーホイーリング エンジンからのクランキングがなく、スターターからのうなり音が聞こえ始めた場合、これはフリーホイーリングと呼ばれる症状です。これは、フライホイールがスターターギアと接触できないことを示しています。 その結果、スターターをすぐに交換する必要があります。 5)燃えるにおい 車から煙が出ているかどうかに関係なく、車の内外の煙の臭いは、スターターが悪いことを示しています。ほとんどの場合、煙と臭いは同時に発生します。 しかし、そうではなく、匂いがするだけの場合でも、次に煙が出る可能性があるため、スターターをすぐにチェックアウトする必要があります。 スターターモーターの交換費用 交換部品をお探しですか? 最良の価格と選択のために、PartsGeek.comまたはBuyAutoParts.comをお勧めします。 スターターモーターの交換費用は、車両を持ち込む修理店または販売店、および車両のメーカーとモデルによって異なります。 スターターの代わりに、平均して合計300ドルから500ドルの範囲で支払うことが期待できます。部品だけでも200ドルから360ドルの費用がかかり、人件費は100ドルから140ドルの費用がかかります。 それはあなたがこれまでに必要とする最も高価な交換の仕事ではありませんが、それは確かに最も重要なものの1つです。結局のところ、エンジンを始動できないと、車を運転することができなくなります。 したがって、スターターの故障の症状を認識したらすぐに、どこかで立ち往生する前にすぐに交換してください。