魚油とオメガ3の違い

人々は健康的で栄養価の高い食品を食べることの重要性についてますます懸念しています。 最も広く知られ、頻繁に宣伝されている健康食品やサプリメントには、魚油とオメガ3が含まれます。魚油はオメガ3の同義語と見なされることが多いため、これら2つはしばしば関連しています。この記事では、魚油について詳しく説明します。とオメガ3とそれらがどのように区別されるか。

 

要約表

魚油 オメガ3
魚の脂肪と組織から生成される油 脂肪酸-多不飽和タイプの脂肪
オメガ3脂肪酸の3つの形態のうちの2つ、すなわちEPAとDHAが含まれています ALA、EPA、DHAなどの3つの形態があります
魚からのみ得ることができます 魚に加えて、植物油、ナッツ、種子からも抽出できます。

魚油 は、魚の脂肪や組織から生成されるです。EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれています。これらは、体内の炎症を抑えるなど、多くの健康上の利点があることが知られている脂肪酸です。

オメガ3 は多価不飽和脂肪酸の一種です。ALA(アルファリノレン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)の3つの形態があります。EPAとDHAは、イワシやタラなどの魚に含まれています。ALAは、植物油、ナッツ、種子に由来します。

魚油vsオメガ3

魚油とオメガ3の主な違いは、その構造と成分にあります。魚油は油性魚の脂肪と組織に由来しますが、オメガ3は天然に存在する多価不飽和脂肪酸です。魚油には、実際にはオメガ3脂肪酸の3つの形態のうちの2つ、つまりEPAとDHAが含まれています。オメガ3の他の形態はALAです。

魚はオメガ3脂肪酸を生成しません。オメガ3は、他の獲物の魚や微細藻類の消費を通じて魚によって獲得されます。一方、オメガ3は魚だけでなく、菜種油や大豆油などの植物油にも含まれています。オメガ3脂肪酸が豊富なナッツと種子は、クルミ、チアシード、亜麻仁です。

魚油は、体内の炎症を軽減し、心臓発作、脳卒中、黄斑変性症を予防する可能性があることが知られています。オメガ3脂肪酸は正常な代謝に不可欠です。オメガ3脂肪酸の他の健康上の利点は、うつ病や不安神経症との闘い、妊娠中および幼少期の脳の健康の促進、心臓病の危険因子の減少、および目の健康の改善に関連しています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *