高速道路と高速道路の違い

高速道路と高速道路は、主要都市へのアクセスを提供する主要道路です。しかし、これらは一般的に同じ意味で使用されますが、2つの道路タイプには実際には構造上の違いがあり、特定の旅行のニーズに適用できます。

要約表

高速道路 高速道路
交差点またはランプからアクセス ランプアクセス
有料道路、信号機、横断歩道、交差点で構築 有料道路、信号機、横断歩道、交差点なしで建設
交通渋滞を緩和し、都市間のより速い移動を容易にするように設計されています 長距離の移動時間を最小限に抑えるように設計されています
2〜4車線あります 4〜6レーンあります
通常、2つの反対側の車線の間に障壁はありません 通常、2つの反対側の車線の間に障壁があります。
下限速度を課します より高い速度制限を課す
すべてのタイプの車両への一般的なアクセスを許可します 通常、オートバイ、自転車、大型輸送車両の立ち入りを制限します
州政府によって規制および維持されている 主に連邦政府によって規制および維持されています

高速道路は 、他の一方で、迅速な旅行を促進する複数のレーンで構築された主要な道路です。

ハイウェイvs.ハイウェイ

それらは同じ目的で構築されました:広範囲の目的地へのより良いアクセスを提供すること。ただし、高速道路と高速道路にはまだ大きな違いがあります。

アクセス

高速道路は、交差点またはランプを介してアクセスできます。これにより、旅行者はさまざまなエリアに移動できますが、高速道路は常にランプに接続されています。高速道路とは異なり、高速道路は迅速な移動を容易にするように設計されているため、交差点はありません。

計画

高速道路は基本的に高速道路の一種ですが、幹線道路と地方の小さな道路を結ぶ通常の高速道路とは構造的に異なります。高速道路とは異なり、高速道路には有料道路、信号機、横断歩道、交差点がありません。

目標

高速道路は小さな小道の幹線道路として機能し、町や村の家やその他の人口の多い部分に通じています。高速道路は通常の都市道路よりも幅が広く、交通渋滞を緩和し、都市間の高速移動を促進するように設計されています。高速道路と高速道路には共通の目的がありますが、高速道路は長距離の移動時間を最小限に抑えるように構築されています。レースに出場する馬のように、横断歩道や信号機などの遅延の原因となる構造物がないため、高速道路の車は自由に移動できます。

トラック

高速道路には通常2〜4車線がありますが、高速道路には4〜6車線があります。車線数の違いに加えて、高速道路には2つの反対方向の間に障壁がありますが、高速道路には障壁がありません。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *