鋳鉄と錬鉄の違い

鉄は金属元素であり、地球上で最も一般的な元素です。鉄は錆びやすいのでそれ自体が逆説ですが、すべての金属の中で最も有用であると考えられています。「鉄」は、主に鉄を含む合金を指すためにも使用されます。ただし、通常は錬鉄または鋳鉄を指します。2つをどのように区別しますか?あなたの違いを読んで発見してください。

要約表

鋳鉄 錬鉄
炭素含有量が2%を超える 炭素含有量は0.08%未満です
融点が低く、型に流し込んで固化させることができます 溶接可能な融点が高く、作業時間が長くなるほど強くなります。
壊れやすく、展性がない 比較的柔らかくしなやか

 

説明

鋳鉄 は古代中国の主要な鉄の形態です。炭素が2%以上の鉄合金です。炭素含有量が高いため、鋳鉄はよりもろくなり、展性がなくなります。融点が低く、ダイカストに最適です。建物の構造用橋や柱の製造に使用されてきました。鋳鉄の最も一般的な用途の1つは、調理器具を作ることです。鋳鉄調理器具は簡単に作ることができ、保温性が高く評価されています。

西洋の歴史を通して、「鉄」はしばしば錬鉄を指します  。錬鉄は、炭素含有量が非常に低く、0.08%未満の鉄合金です。ケイ酸塩鉱物やその他の材料から作られた繊維状のスラグが一定量含まれています。これらのスラグはストリンガーを形成し、鉄に木に似た木目を与えます。比較的柔らかく、展性があり、溶接が容易です。錬鉄は、鋼が主流になる前に、ワイヤー、チェーン、鉄道、チューブに広く使用されていました。13世紀には、錬鉄製の門がロンドンでよく作られました。長年にわたり、「錬鉄」という言葉は、ゲート製造業界の総称になりました。現在、錬鉄はコストが高いため、商業的な量で生産されていません。

鋳鉄と錬鉄

鋳鉄と錬鉄の違いは何ですか?鋳鉄は2%以上のより高い炭素含有量を持っています。一方、錬鉄の炭素含有量は0.08%未満です。鋳鉄の融点は低く、鋳造が容易です。一方、錬鉄は溶接性が高いです。融点が高く、数回再加熱できるため、さまざまな形に粉砕すると強度が増します。鋳鉄はもろくて展性がありませんが、錬鉄は柔らかくて展性があります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *