車内のACコンプレッサーの損傷の症状(および交換費用)

車両の各空調システムは、循環する冷媒の安定した流れに依存しています。この冷媒により、エアコンはダッシュボードの通気孔から冷気を発生させることができます。

この冷媒が正常に流れ続ける唯一の方法は、空調コンプレッサー(ACコンプレッサーとも呼ばれます)と呼ばれるコンポーネントからです。このコンポーネントの役割は、圧力を生成し、それによって冷媒を押し出し、スムーズに流れるようにすることです。

ACコンプレッサーが作動し続ける限り、ベントから安定した冷気が流れ出るはずです。ただし、ACコンプレッサーは他のコンプレッサーと同じように故障します。

悪い車の内容ACコンプレッサーの症状ACコンプレッサー
の圧力が非常に高い。車の空調システムは常にオン/オフになっているため、電力の変動によりコンプレッサーに大きな圧力がかかります。

一定の年数以内に、この圧力はコンプレッサーを摩耗させ、最終的には故障の原因となります。これが、エアコンを定期的に使用する人々が遅かれ早かれ問題に直面する理由です。

ACコンプレッサーが劣化し始めると、いくつかの警告サインが表示されます。以下は4つの一般的な症状です。

奇妙な音
エアコンの電源を入れて奇妙な音をたくさん出すと、ACコンプレッサーが誤動作し始める可能性があります。

コンプレッサーは、密閉されたベアリングや他の多くのコンポーネントに依存して回転します。内部のベアリングやコンポーネントが損傷したり摩耗したりすると、コンプレッサーが正常に動作しにくくなります。

 

奇妙な音は問題の始まりに過ぎません。したがって、この症状は、ACコンプレッサーを交換する必要があることを早期に示すものとして使用する必要があります。

熱風ベント
数分経っても空気をオンにすると、ベントから熱風だけが吹き出され、ACコンプレッサーが故障していることがはっきりとわかります。

コンプレッサーの損傷により冷媒が空調システム内を循環できない場合、冷媒は必要な冷気を生成できません。その結果、熱気が発生します。

これは段階的なプロセスである可能性があり、その間に最初に冷たい空気が徐々に暖かくなるのを感じます。しばらくすると、空気は冷却されずに完全に高温になります。

また読む:AC膨張弁損傷の5つの症状

液漏れ
ACコンプレッサーには、冷媒が加圧されたときの液漏れを防ぐための独自の内部ベアリングがあります。ただし、これらのベアリングが摩耗または損傷していると、ベアリングから流体が簡単に漏れる可能性があります。

ベアリングを修理するのではなく、交換する必要があります。

ACコンプレッサークラッチのスタックACコンプレッサーに
は独自のクラッチがあり、プーリーを介してエンジンに接続されています。これにより、コンプレッサーは必要な場合にのみエンジン出力を使用できます。

クラッチが動かなくなったり、完全に動かなくなったりすると、エンジンからコンプレッサーに動力を伝達できなくなります。ほとんどの場合、クラッチが動かなくなった場合、修理することはできません。あなたの唯一のオプションは、すべてを置き換えることです。

 

ACコンプレッサーの交換費用
交換部品をお探しですか?
最良の価格と選択肢を得るには、PartsGeek.comまたはBuyAutoParts.comを使用することをお勧めします。
ACコンプレッサーはあらゆる車両の重要な部分です。コンプレッサーが故障した後、コンプレッサーを交換するのは安くはありません。

コンポーネント自体の価格は、650ドルから950ドル以上の範囲です。人件費は150ドルから200ドルの間です。これは、合計価格が800ドルから1,150ドルであることを意味します。これらの合計には税金も追加されます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *