聖書学校と神学校の違い

聖書の大学と神学校は、キリスト教の教育システムの重要な部分です。どちらのタイプの機関も、カリキュラムの中心として神学を特徴としており、教会での奉仕のために個人を準備しようとしています。これらの類似性にもかかわらず、聖書学校と神学校は異なる使命と運営方法を持っています。この記事では、これらの違いについて説明します。

要約表

聖書学校 セミナー
福音派やペンテコステ派などのプロテスタント宗派によって管理されています 主にローマカトリック教区または修道会、プロテスタント宗派およびアメリカのユダヤ人組織によって管理されています
聖書およびその他の関連分野でのトレーニング。学士号を取得します。 聖書研究、哲学、牧歌的なリーダーシップで学士号と修士号を教える
聖書に精通した教会の指導者を輩出します 司祭や他の聖職者を学問的および牧歌的な立場に備える
オリエンテーションは主に保守的 主にリベラルなオリエンテーション。多くの場合、エキュメニカル運動に関連しています

聖書の学部 は、主に福音派、根本主義者、ペンテコステ派などのプロテスタント宗派に関連しています。彼らは主に聖書研究で学士号を取得し、新約聖書と新約聖書で初級レベルのコースを提供しています。ギリシャ語やヘブライ語などの聖書の言語でコースを提供しているところもあります。ほとんどの聖書学校は保守的な宗派の下で運営されています。彼らは、他の宗教教育機関でリベラルな傾向として一般的に認識されていることに対する反応として自分自身を見ています。セミナー 彼らは1563年にトレント公会議で始まりました。それはカトリックの神権に入ることを望む人々のために近代的な訓練機関の設立を要求しました。「セミナー」という言葉は一般的にカトリックに関連していますが、特定のプロテスタントやユダヤ人の宗派など、他の多くの宗教では、教育機関に同じ言葉を使用しています。神学校は、聖書研究、哲学、リーダーシップ、および牧会のコースの指導を提供します。これは、学士号または修士号につながる可能性があります。ニューヨークのユニオン神学校など、多くの著名な神学校は、リベラルな社会的福音と公会議運動に傾倒しています。

聖書学校対神学校

聖書学校と神学校の違いは何ですか?主な違いは、所属、カリキュラム、使命、社会的志向にあります。

宗教

ファンダメンタリストや福音主義運動のようなプロテスタントの宗派は、聖書の学部の大部分を運営しています。一方、神学校は主に地元のカトリック教区、修道会、または公会議の傾向を持つプロテスタント宗派の管轄下で運営されています。

履歴書

聖書学校の学生は通常、新約聖書と新約聖書、聖書言語を含む聖書研究の指導を受け、カリキュラムの完了時に学士号を取得します。一方、ゼミは学部と大学院のコースを提供します。これらのコースには、聖書研究、言語、宗教哲学、牧歌的なリーダーシップが含まれます。

ミッション

聖書学校は、地元の教会での奉仕と指導者の地位について学生を訓練し、聖書を上手に操る指導者を育成することを目指しています。対照的に、神学校は神権や奉仕のために人々を訓練します。彼らは、聖職者のメンバーが彼らの仕事で直面するであろう多くの問題の全体像を卒業生に与えることを目指しています。

社会的オリエンテーション

聖書の教授陣の概念は、多くの人が宗教教育の世俗化と考えていたものに対する保守的な反応として始まりました。したがって、ほとんどの聖書学校は保守的な宗派の支援の下で運営されています。一方、ほとんどのプロテスタント神学校は、同級生と比較して自由な方向性を持っていると見なすことができます。実際、それらの多くはエキュメニカル運動に積極的です。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *