絵画を認識するアプリ:ここに最高のものがあります

文字通り絵画の美しさに魅了されたことがありますが、作者や作品の名前がわかりませんか?

幸いなことに、テクノロジーはあなたを助け、このパズルを解くことができます。この記事では、絵画を認識するための最適なアプリを見ていきます。携帯電話のカメラで絵をフレームに収めるだけで、瞬く間にスマートフォンにすべての情報が表示されます。

Webを少しざっと見ると、ほとんどの人が最初の選択肢として提案しているアプリケーションであるMagnusが見つかるでしょう。そして、これまでのところ、このアプリはGooglePlayとAppStoreでは利用できません。

私はあなたに正確な理由を与えることができません、私はそれを見つけることができませんでした。

しかし、私はマグナスが最も有名な現代および非現代の画家の絵画をすばやく認識するための有効な代替案を提供しようとするので、落胆するべきではありません。

コンテンツインデックス
Smartify:芸術と文化の世界を探索する
Google Arts&Cultureの
結論
Smartify:芸術と文化の世界を探索する
最初に紹介するアプリはSmartify:芸術と文化の世界を探索するというものです。 AndroidおよびiOS用。

操作は非常にシンプルで直感的です。アプリがデバイスにインストールされたら、アプリを開くだけです。この時点で、登録するか、「スキップ」ボタンを押して続行するかを決定できます。アプリはあなたにあなたの場所へのアクセスを要求します、あなたはこの情報を許可するか拒否するかを決めることができます。

次に、下部にあるスキャンアイコンをタップして、表示している画像をフレームに収めるだけです。すぐに、アプリはスマートフォンのカメラを通して見たものを200万以上の仕事のデータベースと比較します。

完全に一致するものが見つかると、アプリは作品とその作者に関する詳細情報を提供できます。さらに、彼はまた、オリジナルの作品が保管されている最寄りの美術館を示すことができます。

構造
情報著者
情報著者情報
GoogleArts&Culture
ここで紹介する2番目のアプリケーションは、Googleによって直接開発されたもので、Google Arts&Cultureと呼ばれています。このアプリは、iOSおよびAndroidオペレーティングシステムでも利用できます。

このアプリは、絵画​​を認識するだけではありません。Google Arts&Cultureを使用すると、80か国にある2,000を超える文化施設のストーリーと知識を見つけることができます。

パリオペラ座での公演への女性の権利のために戦っている参政権者から、NASAの並外れた画像の豊富なアーカイブまで、私たちの文化遺産の物語を発見してください。世界の芸術、歴史、人々、不思議を探索するためのあなたの玄関口。

APPの主な機能(ARをサポートする電話が必要な場合があります)は次のとおりです。

アート転送:写真を
撮り、クラシックアートワークで変換アートセルフィー:あなたのように見える絵画
を見つけるカラーパレット:写真の色を使用してアートワークを見つけるアート
プロジェクター:アートワークの実物大がどのように見えるかを学ぶ
ポケットギャラリー:没入型ギャラリーに飛び込むそして、賞賛をクローズアップ作品
アートカメラ:高解像度でアートワークを探検
°360で出会うアート:360°ビデオ
バーチャルリアリティツアー:最も有名な美術館の世界を入力
ストリートビューを:訪問有名なサイトや場所は
、日付や色によって探検-時間のトラベルバックアートのカラースペクトル全体を見る
Art Recognizer:デバイスのカメラを芸術作品に向けて、オフラインでもすべてを発見します(一部の美術館のみ)
その他の機能:

展示会:専門家が主催するガイド付きツアーに参加する
お気に入り:お気に入りのアートワークをギャラリーに保存してグループ化し、友人や学生と共有する
近く:近くの美術館や展示会を探す
通知:お気に入りのコンテンツの要約や最新情報を毎週受け取ることを選択します
翻訳:[翻訳]ボタンを使用しますあなたの言語で世界中からの展示会に関する情報を聞くために

文字通り絵画の美しさに魅了されたことがありますが、作者や作品の名前がわかりませんか?

幸いなことに、テクノロジーはあなたを助け、このパズルを解くことができます。この記事では、絵画を認識するための最適なアプリを見ていきます。携帯電話のカメラで絵をフレームに収めるだけで、瞬く間にスマートフォンにすべての情報が表示されます。

Webを少しざっと見ると、ほとんどの人が最初の選択肢として提案しているアプリケーションであるMagnusが見つかるでしょう。そして、これまでのところ、このアプリはGooglePlayとAppStoreでは利用できません。

私はあなたに正確な理由を与えることができません、私はそれを見つけることができませんでした。

しかし、私はマグナスが最も有名な現代および非現代の画家の絵画をすばやく認識するための有効な代替案を提供しようとするので、落胆するべきではありません。

コンテンツインデックス
Smartify:芸術と文化の世界を探索する
Google Arts&Cultureの
結論
Smartify:芸術と文化の世界を探索する
最初に紹介するアプリはSmartify:芸術と文化の世界を探索するというものです。 AndroidおよびiOS用。

操作は非常にシンプルで直感的です。アプリがデバイスにインストールされたら、アプリを開くだけです。この時点で、登録するか、「スキップ」ボタンを押して続行するかを決定できます。アプリはあなたにあなたの場所へのアクセスを要求します、あなたはこの情報を許可するか拒否するかを決めることができます。

次に、下部にあるスキャンアイコンをタップして、表示している画像をフレームに収めるだけです。すぐに、アプリはスマートフォンのカメラを通して見たものを200万以上の仕事のデータベースと比較します。

完全に一致するものが見つかると、アプリは作品とその作者に関する詳細情報を提供できます。さらに、彼はまた、オリジナルの作品が保管されている最寄りの美術館を示すことができます。

構造
情報著者
情報著者情報
GoogleArts&Culture
ここで紹介する2番目のアプリケーションは、Googleによって直接開発されたもので、Google Arts&Cultureと呼ばれています。このアプリは、iOSおよびAndroidオペレーティングシステムでも利用できます。

このアプリは、絵画​​を認識するだけではありません。Google Arts&Cultureを使用すると、80か国にある2,000を超える文化施設のストーリーと知識を見つけることができます。

パリオペラ座での公演への女性の権利のために戦っている参政権者から、NASAの並外れた画像の豊富なアーカイブまで、私たちの文化遺産の物語を発見してください。世界の芸術、歴史、人々、不思議を探索するためのあなたの玄関口。

APPの主な機能(ARをサポートする電話が必要な場合があります)は次のとおりです。

アート転送:写真を
撮り、クラシックアートワークで変換アートセルフィー:あなたのように見える絵画
を見つけるカラーパレット:写真の色を使用してアートワークを見つけるアート
プロジェクター:アートワークの実物大がどのように見えるかを学ぶ
ポケットギャラリー:没入型ギャラリーに飛び込むそして、賞賛をクローズアップ作品
アートカメラ:高解像度でアートワークを探検
°360で出会うアート:360°ビデオ
バーチャルリアリティツアー:最も有名な美術館の世界を入力
ストリートビューを:訪問有名なサイトや場所は
、日付や色によって探検-時間のトラベルバックアートのカラースペクトル全体を見る
Art Recognizer:デバイスのカメラを芸術作品に向けて、オフラインでもすべてを発見します(一部の美術館のみ)
その他の機能:

展示会:専門家が主催するガイド付きツアーに参加する
お気に入り:お気に入りのアートワークをギャラリーに保存してグループ化し、友人や学生と共有する
近く:近くの美術館や展示会を探す
通知:お気に入りのコンテンツの要約や最新情報を毎週受け取ることを選択します
翻訳:[翻訳]ボタンを使用します世界中の展示会に関する情報をあなたの言語で聞く
結論ご覧の
とおり、最も有名な芸術作品をすぐに認識できるアプリがいくつかあります。それらをデバイスにインストールして、次の美術館訪問ですぐに使用を開始するだけです。

他の同様のアプリをご存知の場合は、私に手紙を書いて報告してください。私のこの短いリストにそれらを追加させていただきます。

結論ご覧の
とおり、最も有名な芸術作品をすぐに認識できるアプリがいくつかあります。それらをデバイスにインストールして、次の美術館訪問ですぐに使用を開始するだけです。

他の同様のアプリをご存知の場合は、私に手紙を書いて報告してください。私のこの短いリストにそれらを追加させていただきます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *