法的と倫理の違い

人々はこれらの言葉を同じ意味であるかのように使うのが一般的です。これらの用語は密接に関連していますが、何が合法で何が倫理的であるかを判断するために、多くの異なる機能を強調することができます。

要約表

法的 倫理的
政府によって作成および施行された法律に基づく 特定の集団によって観察された行動規範または道徳に基づく
法律の遵守は必須です 倫理基準の遵守は任意です。
非遵守は罰せられます 非遵守は一般的に罰せられません。

 特定の州、国、または地域を統治する法律の範囲内で行われる場合、その行為は 合法です。「法的」という用語自体は、法律とその背後にある多くの概念に関係するあらゆるものを定義するために使用されます。行為の合法性は常に、すべての市民が生活し、遵守するために国の政府によって作成および施行された規則および規制に基づいています。

法律は、平和、社会秩序、正義がその管轄の隅々で尊重されることを保証するために、国の司法制度によって作成されます。さらに、法律は一般市民とその利益を保護します。国の法律は一般的に道徳的価値観と倫理原則に基づいています。

古代文明では、法律は彼らの指導者によって書かれたように守られていました。現代社会は、法律を作成して投票する議会や議会に座っている役人や政治家を選出しました。裁判所と警察は、これらの法律が施行され、それらに違反した者はそれに応じて罰せられることを保証します。罰則には、罰金、罰則、または懲役が含まれる場合があります。

倫理的行為  は、望ましい人間性の一連の基本原則と概念に基づいています。これらの原則は、与えられた社会が善と悪、善と悪、道徳と不道徳の間に線を引くように導くのに役立ちます。倫理基準は、たとえ抽象的な性質であっても、人々が一般的に採用し、同意する行動規範です。人々が特定の状況で行動する方法を学ぶのは彼らを通してです。

倫理基準に違反することは、それらが特定の専門組織によってメンバーに指示された基準でない限り、必ずしも罰に値するわけではありません。これは、組織の倫理基準の違反が、組織によって重大度が異なる可能性のある制裁措置で満たされる可能性がある場所です。

法的vs倫理

では、法的と倫理の違いは何ですか?それは否定できない事実です。今日の多くの問題は、それらが合法であるか倫理的であるかを調べるために精査されています。多くの法律が倫理基準を基礎として作成されているため、これらの用語間の関係は非常に明白です。さらに、法的行為が非倫理的であると見なされたり、倫理的行為が違法であると見なされたりする場合があります。

特定の法域で適用される既存の法律に違反しない限り、訴訟は合法であると見なされます。対照的に、行為は、社会または組織によって認識されている道徳的または行動規範に同意しない場合、倫理的です。法的行為は、特定の法律が施行されている社会のすべてのメンバーに適用されます。したがって、これらの法律の遵守は必須です。倫理基準の遵守は、通常、何が正しいか間違っているかについての個人の認識に基づいているため、通常は任意です。さらに、法律は成文化されており、通常は国の憲法に含まれています。対照的に、倫理基準はしばしば抽象的なものであり、書面または法的根拠はありません。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *