最高のワックスヒーターレビュー

ワックスヒーターを選択するための決定的な要因

脱毛:2つの主な方法

間違いなく、 最も人気があり人気のある脱毛方法の1つ はワックスです。通常、かみそりの刃または電気かみそりで行われる脱毛で起こることとは対照的に、この手順は  、髪がカットされていないが、根によって根絶されるため、 より速くなく、より不快 です。一方、まさにこの理由から、ワックスは はるかに長持ち する結果を保証し  ます。さらに、通常は皮膚軟化剤と保護物質を含むワックスの作用は、肌を滑らかで柔らかくするのに役立ちます  。

このタイプの脱毛を実行するには、主に2つの方法があります  。ホットワックス と コールドワックスです。

 

ホットワックスが 販売されている特殊なワックスを用いて行われる  又はの形態で 粒子 と樹脂と油の混合物を。この化合物を使用するには 、40°Cから50°Cの温度 にして完全に溶解する必要があります。この時点で、溶けたワックス は、ワイヤーの成長方向に従って、へらまたはローラーで処理される領域に広げられる必要があります 。後者は、粘着性の物質で完全に包まれており、強い打撃でワックスを引き裂くことによって簡単に取り除くことができます。

ワックスは 、しかし、で作られて 使用するため準備ストリップ :手やヘアドライヤーで素早く加熱した後、処理した後、髪を取り除くために剥離される領域に配置してください。したがって、ワックス  は すでに ストリップに投与されており、 溶かしてはいけません 。したがって、コールドワックスは、初心者 や 手動のスキルがあまりない人に最適 です 。さらに、このタイプの脱毛は、コンセントが不要なため、どこでもすばやく行うことができます。

 

ホットモードとは異なり、コールドヘア除去は皮膚を高温にさらしません。したがって、このプロセスは侵襲性が 低く 、静脈瘤 や 脆弱な毛細血管に苦しむ人々により適してい  ます。ただし、正確にはこの理由から、コールドエピレーションの効果も 低くなり ます。ワックスは加熱されたものよりも髪への付着が少なく、同じポイントでより多くのパスを作成する必要が生じる可能性があります。 したがって、結果でさえ 持続可能で  はあり ません 。4〜5週間のホットワックスに対して2〜3週間について話しているのです。

ワックスヒーターの種類

高温 のワックス が毛包を拡張し 、最も抵抗力のある糸の除去を容易にし、正確で長期的な結果を保証するため、熱い脱毛は最も効果的な脱毛方法の1つと考えられてい ます  。一方、このプロセスには時間が かかり 、とりわけ特定の 手動スキルが必要です溶けたワックスを作業面を汚したり、さらに悪いことに皮膚を傷つけたり焦がしたりせずに取り扱う場合、実際、多くの人がこの分野の専門家に頼ることを好みます。ただし、美容センターで定期的な治療を行うために必要な時間とリソースが常に利用できるとは限りません。このような場合、自宅やすべての環境でホット脱毛を行うには、少しの練習と適切なツールで十分です。

国内の脱毛のための同盟国最高です ワックスヒーター 、ために設計されたツール 脱毛ワックスを加熱 し、 右の温度でそれを保つ 全体の脱毛時間の間に。したがって、優れたワックスヒーターを使用すると、この操作の複雑さを軽減できますが、それ自体は特に快適ではなく、処理時間とコストを最適化できます。

 市場で入手可能なワックスヒーターには2つのタイプがあり ます。

  • ロールごとのワックスヒーター (ロールオンとも呼ばれ ます ):その小さくて実用的な形状は、脱毛器の形状に似ています。ただし、ヘッドとは異なり、ローラーがあります。ローラーは、含まれているワックスを広げるために、処理するパーツに通す必要があります。これは、電流を動力源とするワックスヒーターによって加熱され、一定の温度に維持されます。ワックスが完成したら、新しいトリートメントを行うために特別なリフィルを購入するだけです。ワックスはローラーによって自動的に投与され、滴り落ちるリスクが限られているため、ワックスロールオンヒーターは最も安価なモデルであり、初心者にとって最良の選択です。

 

  • ジャーワックスヒーター :電気で動く本物のジャーで、ワックスを溶かし、へらで取り除きます。このモデルは一般的に洗練されており、より多くのワックスを加熱できるためだけでなく、共有使用の場合はヘラをより衛生的な治療。

 

できる

高品質のワックスヒーターは、脱毛時にワックスをすばやく加熱して保温する必要があるため、この製品を購入する前に評価する主な特性の1つは、 効力 です。それがあるかどうかを 抵抗 (ローラーモデルにおけるように)または サーモスタット (水差しのモデルの場合)、  大きな電力を 、 より短い加熱時間 ワックスは明らかであろう。

ワックスロールヒーターの電力  は通常約 40ワット であり、これらのモデルが10〜20分で必要な温度に到達 し、一定の電源のおかげで問題なく温度を維持できる値です 。 一方、市場に出回っているjarモデルの最も一般的な電力は  、専門家が300ワットに達したとしても、約 100ワットです。 加熱時間は 、しかし、この場合にも依存 ワックスの量と種類 使用します。

機能

ワックスヒーターは、一般的に、非常にシンプルで直感的なデバイス  です。 これで機能 これらの機器が装備されているがため、実際にある 不可欠 特にロールモデルの場合には、。最も一般的なもののリストは次のとおりです  。

  • LEDインジケーター :一部のワックスヒーターには、アプライアンスが主電源に接続されたとき、および/または理想的な温度に達したときに点灯するインジケーターライトが装備されています。これは実際的な警告であるだけでなく、過度に熱いワックスによる火傷のリスクを減らすことを目的とした安全対策でもあります。
  • 調整可能なサーモスタット :この機能は、通常、さまざまな温度レベルを選択できるジャーワックスヒーターにのみ関係します。一般的に、低、中、高の3つのレベルがあります。後者は、ワックスを溶かすために電源を入れた後に調整する必要があります。その後、熱を下げて液体を維持する必要がありますが、同時に有害ではない温度で調整する必要があります。皮膚(上で概説したように、最も一般的な範囲は40°Cから50°Cです);
  • 自動 スイッチオフ:最も洗練されたジャーワックスヒーターは、ワックスが過熱しないように、非常に高温になると自動的にオフになります。

使用の実用性

私たちのニーズに最適なワックスヒーターを確実に選択するには、 このツールの使用をはるか に実用的に し、多くの場合、実際に違いを生むことができるいくつかの要素の有無を認識する必要があります 。

たとえば、ローラーワックスヒーターの場合、ワックスヒーター の側面にある一種の透明な窓であるレベルインジケーターの存在は 非常に便利です。この要素を使用すると、溶けたワックスのレベルを監視できます。毎回ワックスを抽出することで、操作の途中でワックスが不足する手間を省くことができます。
考慮すべきローラーワックスヒーターのもう1つの特徴は、 電源ケーブルの長さです。 ネットワークに接続して使用されるため、ケーブルが十分に長く、自由に動くことができるのは良いことです。
最後に、ローラーワックスヒーターの実用性を高めるために、ボックスの ベースや、場合によっては  ストリップ、オイルまたは脱毛後の湿ったワイプ、スペアの詰め替えが含まれるアクセサリキット。この意味で、ユニバーサルリフィルと互換性のあるローラーワックスヒーターの購入をお勧め  します 。見つけるのが最も簡単な(そして経済的でもある)のは 100mlカートリッジです。

 

ジャーワックスヒーターでは、最も実用的なモデルは 、ハンドルを備えた取り外し可能なバスケットを備え たモデル  です。ちなみに、固定バスケットは、治療中に少量のワックスが出た場合、掃除がより困難になります。もう1つの便利な機能は、安全エッジの存在です  。これは、偶発的な滴下のリスクを最小限に抑える隆起したエッジです。ワックスヒーターが製品を一定の温度に保つことができることを確認したい場合は、優れた とアルミニウムバスケットを 備えたモデルを選択できます  。実際、これらの要素はより高い絶縁能力を保証します。 最後に、水差しワックスヒーターが必要な人は誰でも注意を払う必要があります 
バスケットの容量と 開口部 の 。これは、1回のラウンドで加熱できるワックスの量によって異なります。400 mlバスケットを備えたモデルを選択することをお勧めします  。このサイズは、実際、市場で一般的なワックスポットのほとんどを含むことができ、共有またはプロの使用に理想的ないくつかの完全な治療に十分です。

どのワックスを使用しますか?

最後に必要な考慮事項は 、ワックスヒーターで使用 できるワックス種類に関するもの  です。実際、市場で入手可能な脱毛ワックスはさまざまであり、さまざまな特性と成分を持っています。したがって、この場合も、私たちのニーズ、とりわけ肌のニーズを満たす製品を慎重に購入する必要があります。

一般に、2種類の脱毛ワックスを区別することができます。

  • 水溶性ワックス  :これらのワックスは、温水で簡単に除去でき、ブドウ糖、ショ糖、蜂蜜などの糖で構成されており、特徴的な琥珀色が特徴です。使用するには、電子レンジ、鍋の水浴、またはワックスヒーターで加熱する必要があります。一般に、これらのワックスはより繊細で侵襲性が低いですが、脂溶性ワックスよりも効果が低くなります。
  • 脂溶性ワックス: 樹脂、ワックス、またはエッセンシャルオイルで構成されており、穀物または鉢の形で見つけることができ、最も効果的であると考えられています。この場合、ワックスヒーターはそれらを加熱するための理想的なツールです。

したがって、ワックスヒーターを購入したい人は、後者のタイプに属する製品を評価する必要があります。肌やニーズに応じて、最適な成分を選択できます。一般に、蜂蜜 、 エッセンシャルオイル (カモミール、マリーゴールド)、 植物油 (アーモンド、アルガン)などの物質 は、エモリエント効果を与えるように設計されてい ます 。これらの 敏感肌は、 代わりに含むワックス評価できる ミネラル など、 二酸化チタンを:低い融解​​温度とピンク色が特徴のこのワックスは、髪には付着する傾向がありますが、皮膚には付着しないため、より繊細な作用があります。あるいは、二酸化亜鉛ワックス  も攻撃性が低くなります。

 

ワックスヒーターを洗浄するように、我々はそれがあるとして、あなたにそれを思い出させる脂溶性ワックス  、任意の 残留物や汚れは なく、水で除去することができない だけで油と 。ただし、メンテナンスは非常に簡単です。オリーブオイル 、 シードオイル 、 ベビーオイルを 染み込ませた 綿棒を使用するだけ  で、ヒーターワックスが再び輝きます。

 

 

 

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *