2021年のウォールチェンジャーの最高のレビュー

ウォールチェンジャーを選択する際の決定的な要因

子供の人生の初期段階では 、おむつを交換すること は間違いなく親にとって最も重要で繊細な瞬間の1つです。まず第一に、おむつは頻繁に交換する必要があります。特に生後数か月の赤ちゃんの場合はそうです。そして、動く過程で、子供たちは不安を感じ、突然の制御できない動きをすることがよくあります。そうしないと、風邪をひく危険があります。したがって、使用することが重要である安全面 で 実用的な大人のため と 子供のための快適を 。以前は、両親はテーブルの家具の交換に頼っていました  おむつを交換するときに、サポート面が厚い従来の本物の化粧台を赤ちゃんに置くことができます。これらのアクセサリは、安定していて安全ですが、かさばり、多くのスペースを占める傾向があります。したがって、近年、ますます多くの親が、折りたたみ式おむつチェンジャー または  おむつチェンジャーなどの、より軽く、より小さな代替品を選択している  。一方、スペースが限られている場合は、折り畳み式のコンバーターを過剰な容積を発生させずに保管するためのコーナーを見つけることも問題になる可能性があります。この場合、壁チェンジャーとも呼ばれる壁チェンジャーを指すことができます 。これは、アパートに住む人々のスペースを節約するための完璧なソリューションです。このショッピングガイドでは、これらのアクセサリの機能、長所、短所をまとめて説明します。このように、読んだ後、壁に取り付けられた逆アセンブラが本当にあなたとあなたの子供に最適なモデルであるかどうかを評価でき ます 。

 

ウォールチェンジャーはどのように機能しますか?

現在市場に出回っているすべてのタイプの熱交換器の中で、壁熱交換器はこれまでで最もコンパクトなソリューションです  。実際、このチェンジャーのサポートポイントは、ドレッシングテーブルや従来の4つの折りたたみ式脚ではなく、壁自体によって提供されるため、トランジションエリアが占めるスペースは最小限に抑えられます。
より正確には、壁に取り付けられたスイッチの構造は、壁のキャビネットの構造と非常に似ていますが、その構造は少し長くなっています。したがって、我々は見つけるでしょう 二つの部分を :最初の部分が残っている 壁に固定し、スムーズな保管または変更おむつに必要なすべてのものを整理する棚やコンテナを持つことができます。一方、2つ目は 可動式 です。おむつを交換した後、開いて赤ちゃんを入れ、固定部分に吊るすことができます。そのため、ウォールチェンジャーを閉めると、キャビネットやサイドボードなどの 固定に数センチの大きさで 吊るされますので、平方メートルが足りなくても寝室に置くことができます。バスルームやリビングルームでも問題ありません。したがって、誰がより多くのスペースを必要として 、ウォールチェンジャーで理想的な解決策を見つけることができます。ただし、このタイプのおむつテーブルを設置するには、選択した壁にドリルを使用して穴を開ける必要があることを忘れてはなりません  。これは 赤ちゃんのおむつ交換施設や折りたたみ式赤ちゃんのおむつ交換施設に適し ています。いずれにせよ、ウォールチェンジャーが不要になったので、簡単に取り外して穴を特殊グリースで埋めることができます。

 

類型学

壁掛けスイッチについて話すときに考慮すべき最初の要素は タイプ です。実際、現在市場に出回っている壁掛けモデルは、 縦型と横型のベビー用紙おむつ交換設備の2つのカテゴリーに分類できます これら2つのタイプを区別する特徴は何であるかをより詳細に理解しましょう。

  • 垂直ウォールチェンジャー :このタイプのウォールチェンジャーは壁の高さに沿って伸びます。したがって、一度開くと、交換器は部屋の中心に向かって伸びます。すべてのウォールチェンジャーの中で、コラムはおそらく家で最も一般的なタイプです。おむつを交換する際に親が最大限に自由に動くことができるので、これも最も実用的なバージョンであると信じています。ただし、縦型おむつ交換台が開通すると、最も多くのスペースを占める駅でもあることに注意してください。
  • 水平ウォールチェンジャー:このバージョンのウォールチェンジャーは、開いた垂直チェンジャーが多くのスペースを占める非常に小さいまたは窮屈な環境に挿入する必要があるすべてのアプリケーションに最適です。実際、水平ウォールチェンジャーは壁の長さに沿って伸びており、一度開くと狭くする必要があります。したがって、このタイプのウォールチェンジャーを使用すると、使用可能なスペースを最大限に活用できます。そのため、壁に設置されたレベルコンバーターは、レストラン、バー、ホテルなどのサービスでよく見られます。一方、後者のタイプは、垂直ウォールチェンジャーよりも実用性が低く、支持面よりも動きの自由度が低いため、ホームソリューションとしては適していません。

 

サイズと重量

これは省スペースのソリューションであるため、壁のスイッチを購入する前に、そのサイズ、 より正確にこのアクセサリの サイズ と 重量を慎重に評価してください。
現在市場に出回っているほとんどのウォールチェンジャーは、水平か垂直かにかかわらず、約 80 x 60cmの大きさです。したがって、メーカーやモデルに関係なく、サポート面の幅の測定値は非常に標準化されています。もちろん、チェンジャーを閉じた後に占有するスペースも重要です。この場合でも、ブランドごとのサイズはあまり変わりません。ほとんどのウォールチェンジャー(閉じている場合)の深さは20cmを超えません  。
一方、議論についての重量があるとは別の建物に使用される材料にするだけでなく、構造物の設計に依存するだけでなく、交換、。実際、モデルによっては、壁に固定する部分がパネルの場合もあれば、棚付きのシンプルなフレームの場合もあるので、軽量です。いずれにせよ、現在市場に出回っている壁おむつは、最小で約5kg から 最大で約16kgの範囲の重量を特徴とする   。

使いやすく快適

いつものように、子供の世話に関連するアクセサリーの分野では、交換を伴う場合でも使用実用性と快適さ忘れて はなりません 。実際、この製品では、これら2つの要素が特に重要です。このガイドの概要ですでに指摘したように、実際、新生児を変えることは微妙な瞬間であるため、親はこれを行うことができなければなりません。おむつの交換をできるだけ簡単にする道具を使うと思います。
まず第一に、私たちが赤ちゃんをおむつ交換置いている限り、赤ちゃんが抗議したり身をよじったりしない ように、 ベンチは十分に快適で優雅でなければなり ません。今日市場に出回っているほとんどのウォールチェンジャーには、実用的な布張りのマットレスが含まれています。後者は解剖学的形状 であることが望ましい ため、子供の体に完全にフィットし、わずかに突き出たエッジがあります。さらに、マットレスは掃除簡単でなければなりません  。実際、その機能を考えると、この部分は必然的に毎日、さらには1日1回以上濡れたり汚れたりします。したがって、交換のたびに簡単なウェットスポンジで掃除できる防水面のカーペットを選択することをお勧めします。さらに、 洗濯機で洗える取り外し可能なクッションと カバー選択てください。最後に、一部のウォールチェンジャーにはパッド付きのサポート面がないことに注意してください。この場合、適切なサイズのウォールチェンジャーを別途購入する必要があります。

おむつを交換する際に最大限の実用性が必要な場合は、固定壁に棚またはコンテナを備えた垂直おむつチェンジャーを選択することをお勧めし  ます。後者は、快適に含むように設計されている必要なすべてのために 赤ちゃんを交換し、清掃 など、ベビーワイプ、顔クリーム、おむつや作業服をするので、両親はすべてを持っているだろうと一瞬でも内交換機を離れることを余儀なくされることはありません。
最後に、子供が十分に大きい限りテーブルなるように設計されたより複雑なウォールチェンジャーがあり ます。これらのモデルは従来のウォールチェンジャーよりも高価ですが、長期間使用でき、最適化できるという利点があります。初期投資。このウォールチェンジャーを購入する場合は、お子様が理想的な高さでデスクを使用できるように、地面から75cm以上離して設置してください。

安全性

ウォールチェンジャーを購入する前に考慮すべき最後の要素は、 安全性、 より正確には、小規模ユーザーの安全を保護するために設計された機能コンポーネントです。以下のコンポーネントを見てみましょう。

  • 最大容量 :ウォールチェンジャーが支えることができる最大重量を理解することが重要です。そうしないと、子供が転倒や事故にさらされる可能性があります。モデルに応じて、市場に出回っているほとんどのウォールチェンジャーは、最大11または15キログラムの子供を収容できます。ただし、製造会社は範囲に関する情報を明確に述べています。
  • 次の点に注意してください 。子供は、毎日および1日に数回おむつ交換の支持面に密着する必要があります。したがって、それを作るまたは覆うために使用される材料および塗料は、完全に無毒であり、子供の皮膚に対して100%安全でなければならないことが非常に重要です。
  • サイドバッフルの存在 :おむつチェンジャーに置くと、赤ちゃんは動き始め、落ち着きがなくなります。したがって、支持面の側面には凸面があり、小さい方の側面が熱交換器から滑り落ちて地面に落ちるリスクが最も高くなります。

 

素材は重要ですか?

子供向けの製品では、子供向けの素材が非常に重要です。前の段落で述べたように、実際、おむつ交換台は毎日赤ちゃんや子供の敏感肌に密着しているので、表面に有毒物質が含まれていてはいけませ ん。そうしないと、刺激を引き起こします。
ただし、純粋に審美的な観点 から、ウォールチェンジャーを構成する材料もある程度重要な場合があります。比較的長期間部屋の壁に固定できるアクセサリーなので、より注意深い親が最適な解決策を探すのが普通です。 環境に合わせて選択した色や家具に適応します 。市場に出回っている赤ちゃんのおむつ交換施設は、 プラスチック、スチール、または木材 (天然または色)でできている場合があります。審美的な意識を持つ親にとって、後者の材料は間違いなく最も適切な選択です。

ブランドは重要ですか?

壁の交換施設に関しては、幼児期に確立されたブランドを選択することは、使用される材料だけでなく堅牢性の観点からも安全性に投資することを意味します。構造;また、有名な製造会社では、何らかの問題が発生した場合、信頼できるカスタマーサービスに頼ることができます。ウォールチェンジャーの分野で最も重要なメーカーの中には、   Foppapedretti、Roba  、  Badabuleがあり  ます。

価格は重要ですか?

これまでのところ、市場に出回っているおむつの価格は  約100〜200ユーロ です。低価格で、それは明らかにより基本的な構造を持っており、棚、容器、布張りのマットレスなどのアクセサリーを使用する実用性を向上させるように設計されたいくつかのアクセサリーが欠けています。ただし、これらの要素が異なり、おむつの交換が容易になるため、少し高価でありながら必要な快適さをすべて備えたモデルを選択することをお勧めします。

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *