天文学と占星術の違い

天文学と占星術は共通のルーツを共有しているので、人々がこれらの2つの用語の意味について混乱することは非常に一般的です。この記事は、2つの間の重要な違いを確立することを目的としています。

要約表

天文学 占星術
天体とイベントの科学的研究 天体の位置と動きを研究する
精密科学 疑似科学と見なされます
惑星、星、彗星、宇宙線、ブラックホール、その他の宇宙現象を研究する 人間の性格を解釈し、将来の出来事を予測しようとします

天文学 は、地球の大気圏外に存在するすべてのものの科学的研究です。天文学者は、惑星、衛星、銀河、彗星などの天体を研究するために空に目を向けます。彼らはまた、ガンマ線バースト、太陽嵐、ブラックホールなどの天文現象に関係するプロセスを調べます。天文学者は、何光年も離れた太陽系外惑星や太陽系を求めて広大な宇宙を探索します。天文学という用語は、ギリシャ語のastro  n  (星)と nomos  (法則)に由来してい ます。

古代の天文学者は、ナビゲーションの目的で、そして作物を植えるのに最適な時期を予測するために、星の位置を記録しました。初期のマヤ人とエジプト人は、星座をマッピングし、宗教的慣習を示し、時期を決定するための天文台として寺院を建てました。古代ギリシャ人は太陽の動きについての理論を形成しました。私たちが知っている星や星座のほとんどは、初期のギリシャ人によって名付けられました。ギリシャの数学者エラトステネスは、地球の球形の証明を最初に提供しました。

天文学は、第二次世界大戦中に、より強力で正確な望遠鏡を備えたより多くの天文台が建設されたときに革命を起こしました。ロケットの発明は、天文学に別の大きな進歩をもたらしました。天文学者は、ロケットの助けを借りて、宇宙に打ち上げられた衛星に望遠鏡を取り付けることができました。この技術的偉業は、人類が宇宙の理解を深めるにつれて、天文学の分野に新たなフロンティアを開きました。

占星術 は、将来の出来事を予測し、人々の運命を含む人間の行動を解釈する手段として、星や惑星の位置と動きの研究に焦点を当てています。それは伝統的な科学であり、占星術はその主張の証拠を提供しないため、科学者によって正確な科学とは見なされていません。

専門家は、占星術が紀元前2千年紀にさかのぼることを明らかにしています。彼の実践は、カレンダーシステムを使用して季節の変化を予測し、天体の周期を神々からのメッセージとして解釈することから始まりました。古代の文化は天文学的な出来事を非常に重要視していました。マヤ人、中国人、ネイティブアメリカンインディアンは、将来の出来事を予測するために空を研究するための精巧な方法を開発しました。西洋では、現在も使用されている古代の占星術システムは、メソポタミアの紀元前17世紀から19世紀にまでさかのぼることができます。今日、占星術は通常、人間の性格を解釈し、惑星、月、星、その他の天体の位置に基づいて重要な個人的な出来事を予測するために使用される星占いに関連付けられています。

占星術は科学界での地位を享受し、実際には天文学、気象学、錬金術、医学に関連していると考えられていました。しかし、科学革命の始まりにより、多くの学者は天文学の科学的妥当性の欠如に疑問を投げかけました。占星術はその学術的地位を失い、現在は疑似科学と見なされています。

天文学対占星術

では、天文学と占星術の違いは何ですか?

天文学は、地球の成層圏を超えたすべてのものの科学的研究です。これには、宇宙空間にある惑星、星、銀河、流星、その他の天体の研究が含まれます。また、ガンマ線バースト、太陽嵐、ブラックホールなどの天文現象の研究も含まれます。一方、占星術は、将来の出来事を予測し、人間の行動を解釈する手段として、惑星、星、衛星の位置と動きを研究することです。

天文学は精密科学であり、その研究分野で科学的方法と経験的データを利用していることを意味します。しかし、占星術は、その発見を科学的に検証することができないため、疑似科学と見なされてきました。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *