塩の種類:海塩、ケルト塩、コッシャー塩、ヒマラヤ塩、通常塩

塩を加えないと、丁寧に調理された最も美味しい食事でも軽い味わいになります。

必要な塩の量はごくわずかですが、塩が食事に加えられて美味しくするために不可欠な成分であることは間違いありません。

しかし、さまざまな形の塩が至る所に存在するため、この化合物を当然のことと見なす傾向があります。

 

塩とは何ですか?

塩は非常に一般的であるため、その複雑さを考慮することはめったにありません。

最も重要なことは、塩は健康と幸福に不可欠です。

その中のミネラルは、細胞外液またはECFで必要な電解質要素を形成します。これらは、筋肉の収縮、酵素操作、および浸透圧調節(システム内の液の維持)に必要です。

同時に、塩は血液量、体液のpH、血圧を維持するのに役立ちます。

 

なぜ塩が重要なのですか?

毎日の適切な塩分摂取は、すべての人間にとって不可欠です。

特に、子供を持つ女性や妊娠中の母親は、バランスの取れた食事に全食品と未加工食品を組み込む必要があります。

基本的な重要性は次のように要約されます。

  1. ヨウ素欠乏症と低ナトリウム血症を予防します。
  2. 心血管の健康を改善します。
  3. 健康な妊娠を確保します。
  4. 筋肉のけいれんを和らげます。
  5. 糖尿病と戦う。

塩は、いくつか例を挙げると、コッシャー塩、ピンクのヒマラヤ塩、ケルト塩、アイリス、黒塩、控えめな食卓塩など、さまざまな種類の自然界に存在します。

それぞれのタイプには、独自の品質または一貫性と味があります。

さらに、ナトリウムと塩化物のその他のミネラル成分に対する比率は、タイプによって異なります。

このブログでは、一般的に入手可能なさまざまな塩を紹介します。

 

化学組成

中学校の化学の授業で、食卓塩、食卓塩、またはナトリウムと塩素の2つの基本要素のみで構成される塩で勉強したことを覚えているかもしれません。

塩の化学名は塩化ナトリウム、化学式はNaClです。「Na」はナトリウムの記号で、「Cl」は塩素の記号です。

食卓塩は海水塩を作るイオン化合物であり、塩化物イオンとナトリウムイオンの比率は1:1です。

塩化ナトリウムは、人間の生命や他の多くの生命を維持するために必要です。

体の電解質バランスを維持するには、2つの主要な成分が必要です。

栄養素を処理し、体全体にスムーズに輸送するためにも塩が必要です。

 

主なメリットと十分な消費

食卓塩は、神経信号の伝達を助けることにより、中枢神経系と脳の健康的な機能をサポートするのに役立ちます。

通常の塩は、ソーダ灰産業での化学製品の製造、軟水化、除氷、防腐剤や医薬品成分などにも使用されています。

控えめに言っても、テーブルソルトの全ラインは、ほぼ無制限の範囲の料理と準備を味付けするために使用されます。

ただし、栄養士、栄養士、医師は、塩を過剰に摂取しないことを強くお勧めします。

吸湿性があるため、血中の水分を吸収し、異常な血圧上昇(高血圧)を引き起こします。

一方、塩分摂取による健康への影響に関する研究では、脳卒中や心臓発作と低塩分摂取量との間に強い相関関係を確立することはできませんでした。

塩の恩恵を受けたいのであれば、ファストフードや加工食品の摂取を最小限に抑え、毎日の食事に丸ごとの食品を追加する必要があります。

 

散歩

塩の過剰摂取は健康に害を及ぼす可能性があり、血圧の上昇などの問題を引き起こす可能性があります。

逆に、摂取量を減らすことは必ずしも健康を改善するとは限りません。

したがって、適切な摂取が非常に重要です。

 

塩の種類

 

海の塩

私たちのほとんどは海の塩が何であるかを知っています。ご想像のとおり、通常は海などの大きな水域から発生します。

海塩は蒸発プロセスによって抽出され、海水が除去された後、化合物は残ります。

海塩にはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ヨウ素、亜鉛などのミネラルがたくさん含まれています。

 

使用法と重要性

ヨウ素化食卓塩は海塩よりもヨウ素含有量が高い。

また、通常の塩は海塩よりも細かい傾向があり、海塩はより不純です。

さらに、ひどく汚染された地域から抽出された海塩には、鉛、亜鉛、水銀などの微量の重金属が含まれている可能性があります。

食用塩と比較して、味はより刺激的で強いです。

それを最大限に活用するために、準備された食事にピンチを追加することをお勧めします。

プレートに通常の塩を少しふりかけて、風味を高めます。

 

散歩

海塩は、水中の水を蒸発させることによって生成されます。

その熱意は食卓塩よりも強く、不純物や微量ミネラルの存在によって大きく異なります。

 

普通の塩

通常の塩(一般に食卓塩、食卓塩、精製塩またはヨウ素化塩として知られている)は、世界で最も広く使用されている塩の種類です。

私たちのほとんどにとって、塩は通常の塩または食用塩と同義です。

この品種は非常に洗練されており、他のタイプと比較して、より味気ない、苦い、そして味気ない味がします。

 

使用法と重要性

食卓塩の苦味とかすみは、微量のミネラルや不純物を取り除き、滑らかな食感を与える精製プロセスに起因します。

食用塩は、天然塩を1,200°F(648.88°C)の温度に加熱することによって得られます。これにより、ほとんどの有益なミネラルが蒸発します。

したがって、食卓塩は最も健康的な塩ではなく、妊婦や子供を持つ女性にはお勧めできません。

食用塩(およびこれに関連する他の種類の塩)は吸湿性(水を吸収する)であるため、雨季および大気湿度が異常に高いときに凝集体を形成します。

固まりの形成を防ぐために、通常、固結防止剤(リン酸三カルシウムまたはステアリン酸マグネシウム)が添加されます。

通常の塩は、甲状腺機能低下症、粘膜浮腫、精神遅滞などの不十分なミネラル摂取によって通常引き起こされる一般的な欠乏を避けるために、通常、ヨウ素で強化されています。

 

散歩

精製塩または通常の塩には、97%の塩化ナトリウムと、塊をチェックするための添加剤が含まれています。

ミネラル不足による病気や合併症の可能性を防ぐために、ヨウ素も添加されています。

他の種類の塩と比較して、食卓塩はマイルドで苦い味がします。

 

ケルト塩

ケルト塩は粘土から抽出され、薄い灰色の色調であるため、しばしば灰色の塩と呼ばれます。

ケルト塩の世界最大の生産国はフランスです。

塩はブルターニュのビーチの粘土堆積物から手すくいによって分離されます。

 

使用法と重要性

このタイプの塩は、一定の割合の水分を保持するため、しっとりとした食感になる場合があります。

塩には砂や粘土も微量含まれているため、結晶性ミネラルが豊富です。

女性、特に妊娠中の女性は、電解質バランスの回復を促進し、筋肉のけいれんを防ぎ、pHバランスを維持するのに役立つため、その摂取から恩恵を受けることができます。

手作業による手間のかかるプロセスのため、ケルト塩は非常に高価になる可能性があります。

 

散歩

ケルト塩はどこでも入手できるわけではなく、灰色の質感があり、少し湿っていて、ミネラルが豊富です。

この塩はフランスのブルターニュの粘土鉱床から得られ、筋肉のけいれんや酸の逆流を効果的に防ぐことができます。

 

粗塩

コッシャーソルトという名前は、「ニュートラル」を意味するイディッシュ語に由来し、その意味には「本物」と「合法」が含まれます。

伝統的に、ユダヤ人はコッシャー以外の食品(つまり、肉や牛乳の成分を使用しない食品)を準備するときにこの塩を使用していました。

ペストリーやベーカリーで販売されているアーミッシュプレッツェル、プレッツェルドッグ、ケイジャンプレッツェルは、塩をまぶしたコシャーソルトのクリスプフレーククリスタルです。

 

使用法と重要性

粗塩の品質は食卓塩よりも優れています。

添加物をほとんど含まず(使用するブランドによって異なります)、味が良く、溶解が速く、食品に付着しやすく、安価です。

コッシャーソルトクリスタルのフレーク状でざらざらした質感は、ミートコッシャーフードに非常に適しています。

粗塩を得るための精製・精製工程は食卓塩とほぼ同様であるため、前者は後者の近縁種とされている。

粗塩は心臓病や糖尿病を予防することができます。

 

散歩

コッシャーソルトクリスタルは見た目がフレーク状で、食用塩​​よりも味が良く、添加物を含まず、コッシャーミートスライスに適しており、さまざまな食事に追加されます。

 

ヒマラヤピンクの塩

ヒマラヤピンクの塩は、もともとヒマラヤの下に沈んだ海底から抽出されたものであるため、この塩と呼ばれています。

パキスタンのケウラ地区にあるケウラ塩鉱山は、ヒマラヤピンク塩の世界最大の供給業者です。

塩の特徴的なピンク色は、鉄分が豊富なためです。

 

使用法と重要性

この塩には、84の必須元素がすべて少量含まれていますが、ナトリウム含有量は食卓塩よりも低くなっています。

女性はピンクの塩を定期的に使用して血糖値を制御し、細胞のpHの維持を促し、筋肉のけいれんを最小限に抑えることができます。

 

散歩

ヒマラヤピンクの塩は、パキスタンの塩鉱山から得られます。

塩はほとんどの必須微量元素が豊富ですが、そのナトリウム含有量は通常の塩よりも低く、多くの健康上の利点があります。

 

ミネラル組成

私たちが定期的またはまれに食べるさまざまな種類の塩には、少量の必須ミネラルが含まれています。

これらのミネラルは、カルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、ナトリウムです。

さらに、さまざまな種類の塩には、84の微量元素すべてがさまざまな比率で含まれています。

普通の塩はナトリウム含有量が最も高く(39.1%)、ケルト塩はナトリウム含有量が最も低い(33.8%)。

ただし、体が毎日推奨するさまざまなミネラル要件を満たすには、特定の種類の塩を少なくとも100グラム消費する必要がある場合があることに注意してください。

したがって、日常的に消費する特定のタイプを選択する場合、さまざまなミネラル組成の変化は重要な考慮事項ではない可能性があります。

 

どの塩が最も健康的ですか?

料理や調味料に使われる塩の種類によっては、他の塩よりも優れた塩を選ぶのが難しい場合があります。

したがって、特定の塩の健康上の利点を評価する研究を見つけることができない場合があります。

ナトリウム含有量が少なく、添加物や添加物がほとんどないタイプにこだわるのがベストで、料理や香料の材料として便利に使用できます。

この点で、コッシャー塩、ケルト塩、ヒマラヤピンク塩を使用することを強くお勧めします。

 

注意事項

塩分を過剰に摂取すると、高血圧、電解質の不均衡、その他の健康上の問題に悩まされる可能性があります。

摂取量が少なすぎると、筋肉のけいれん、嘔吐、吐き気、低ナトリウム血症を引き起こす可能性があります。

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *