中国語と韓国語の違い

アジアは世界で最も人口の多い大陸の1つです。アジアに住む人々は多くの異なる言語を話しますが、その中には中国語、日本語、韓国語もあります。言語はすべての社会の非常に重要な部分です。アジアの人々は彼ら自身の言語を話します、そしてそれは彼らの間のコミュニケーションを容易にします。言語の作成以来、多くの変更が加えられてきました。言語は進化し、より複雑になります。社会が進化するにつれて、言語も進化します。アジアの人々はまた、さまざまな目的のためにさまざまな言語を使用しています。たとえば、中国と韓国の人々は異なる言語を使用しています。中国語と韓国語はどちらもアジアで非常に人気のある言語です。彼らは非常に豊かな歴史を持っています。

文学では、中国語と韓国語の起源の異なるバージョンがあります。実際、その質問に対する答えを見つけるのは簡単ではありません。中国人も韓国人もとても豊かな歴史を持っています。これらの言語の背後にある物語はまだ不明です。ただし、これらの言語の構造が非常に似ていることは確かです。それらは文法と語彙が非常に似ています。中国語と韓国語は相互に理解できます。しかし、中国語と韓国語の違いは何ですか?

中国語とは何ですか?韓国語とは何ですか?中国語と韓国語を作成したのは誰ですか?なぜ中国語と韓国語が違うのですか?あなたは2つの言語が非常に似ており、相互に理解できることを知っています。中国語と韓国語は同じ言語に由来するという共通の信念があります。この質問への答えを見つけるのは簡単ではありません。したがって、この記事では答えを見つけようとします。この記事では、中国語と韓国語のさまざまな側面を見ていきます。それらに共通するものと、それらが互いに異なる理由を見ていきます。

 

要約表

中国語 韓国語
漢字を使用する 漢字またはハングルを使用する
「sh」のような英語に似た音があります 「言語の語根と子音」と呼ばれる別の文字を使用します
動詞-目的語-主語の文型 動詞-主語-目的語の文型

 

定義

 

中国語の起源は何ですか?

中国語は、シナチベット語と呼ばれる言語を話す人々のグループに由来する東洋の言語です。この言語は、黄河流域やその他の地域で話されていました。この言語の話者は中国に移住しました。人々のグループが中国の南部から北部に移動し、漢民族として知られるようになったと言われています。中国語が話された最初の王国は夏王朝と呼ばれていましたが、それは短命でした。それは殷王朝に引き継がれました。中国の最初の歴史は春秋時代(紀元前770年から476年)に記録されました。

西洋では、私たちが知っている中国語の最も古いバージョンは、いわゆる上古中国語です。この言語は中国西部で話されていると考えられています。この言語は、絶滅する前に2、000年以上使用されていたと考えられています。

韓国語の起源は何ですか?

韓国語は韓国人が話す言語です。これは、2つの公式韓国語スクリプトの1つであるハングルを含む韓国語ファミリーのメンバーです。7世紀初頭、世宗大王はハングルを発明しました。このスクリプトは、最初は韓国語で書くために使用され、現在は韓国語で書くために使用されています。言語と言語学の百科事典によると、韓国は、韓国、日本、満州、モンゴルで話されているすべての言語を含むアルタイ諸語族の支部です。韓国語には2000年の豊かな歴史があります。これは、東アジアで最初に表語文字で書かれた言語です。

中国人と韓国人の関係は何ですか?

中国語と韓国語の間には多くの類似点があります。中国語と韓国語の文法と語彙が類似している主な理由は、それらが同じ言語から派生しているためです。彼らは語彙にいくつかの共通の単語を持っており、同じ書記体系を共有しており、文法は似ています。

韓国語には中国語に非常によく似た単語がたくさんあります。たとえば、「王」または英語で「王」は韓国語と中国語で非常によく似ていることを意味します。「王」の意味も両方の言語で似ています。もう1つの例は、韓国語の「banjang」と中国語の「banzhang」です。これは「モニター」を意味します。

中国語対。韓国語:

中国語と韓国語は異なる言語ですが、起源と特徴に多くの類似点があります。前述のように、どちらもシナチベット語族のメンバーです。どちらもウラル語族に属しています。これは、それらが互いに密接に関連していることを意味しますが、それらが同じであることを意味するわけではありません。だからここに中国語と韓国語の主な違いがあります。

  1. 文体

中国語と韓国語の文体はかなり異なります。中国語の書記体系では、中国語が読めない人にはわかりにくい文字がたくさん使われています。中国人は、書記体系で約10,000の漢字を使用しています。最も一般的なのは表意文字と表語文字です。これは、中国語で使用すると意味が異なることを意味します。たとえば、「大」(大)という文字は「素晴らしい」を意味するロゴですが、「百」を意味することもあります。

韓国語の書記体系は、使用する文字が少なく、表音アルファベットです。文字の意味は異なりますが、わかりやすいです。この書記体系では、韓国語の24の音を表す24文字しかありません。これらの歌詞は韓国語で漢字と呼ばれています。ただし、ハングルは韓国語のアルファベットです。韓国ではハングルと呼ばれています。最も一般的なのは「反対」を意味する「동」(東)です。

  1. 息子たち

韓国語の音は中国語の音とは異なります。中国語の音は「sh」で、英語の「sh」と非常によく似ています。中国語では、この音は「zh」で表されます。この音は韓国語では使用されていません。代わりに、彼は「言語の語根と子音」と呼ばれる別の文字を使用します。

韓国語では、音「sh」は「j」で表され、英語でも使用されません。一般的に、韓国語は日本語に近い言語のように聞こえます。これは、日本語に似た韓国語がたくさんあることを意味します。

  1. 文の構造

中国語では、文型は韓国語とは少し異なります。中国語では、フレーズは韓国語よりも複雑です。これら2つの言語では語順も異なります。韓国語では、動詞-主語-目的語の文型を持つことができます。中国語では、動詞-目的語-主語の文型を持つことができます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *