中国語と日本語の違い

一部の人々は、特定の文体を区別するのが難しいと感じるかもしれません。 一方では、中国語と日本語の書き方は一見非常に似ています。 では、どうすればそれらを区別できますか? この記事を読んで、中国語と日本語の書き方とその違いについて詳しく学んでください。

要約表

漢字 日本語の書き方
紀元前2千年紀の初めに開発されました 西暦8世紀頃に中国から借りた
執筆は完全に漢字に依存します 漢字の書き方は漢字の使用に大きく依存しています
漢字はまっすぐです 日本語の文字はより湾曲しています
中国語の文章は調性です 日本語の文章は鋭いアクセントを使用しています
10個の母音を使用する 母音が5つしかない
合計25個の子音があります 子音は18個しかありません
書面での基本的な文型はSVO(主語-動詞-目的語)です。 書面での基本的な文型はSOV(subject-object-verb)です。

漢字 は基本的に紀元前2千年紀頃に出現した表語文字系です。それは世界の東部における書記体系の基礎でした。最初の碑文は、殷王朝の紀元前18世紀から12世紀にまでさかのぼる遺物に見られました。中国語の書き方はアルファベットではなく、文字を使用して特定の意味を持つ音節を書きます。

日本の書物 は、西暦8世紀頃の中国式の書物から借用されたことが注目されました 。それは音節と特定の要素の組み合わせです。通常、2つの書記体系、具体的にはかなと漢字の体系があります。日本語で書く場合、漢字体系は2つに分けられます。ひらがなとカタカナです。

中国語の書き方と日本語の書き方

漢字と日本語の文字の明らかな違いは、文字の外観に見ることができます。漢字はまっすぐに見えますが、日本語の文字はより湾曲しているように見えます。しかし、違いはそれだけではありません。起源に関しては、中国の文体は日本の文体よりずっと前に来ました。中国語の書き方は紀元前2千年紀にさかのぼりますが、日本人は実際に8世紀に中国から文字を借りて輸入し、言語を作成しました。

漢字は、単一の単音節の単語である漢字に依存しています。一方、日本の漢字は漢字に大きく依存しています。発音に関しては、中国語と日本語のスタイルには音声の類似性がありません。中国語の文章は非常に音色がありますが、日本語の文章はアクセントまたは昇順と降順のイントネーションを使用します。中国語の書き方の組み合わせは約420ありますが、日本語の書き方の組み合わせは110種類しかありません。

中国語の文章は10個の母音と25個の子音を使用しますが、日本語の文章は5個の母音と18個の子音しか使用しません。基本的な文型に関しては、中国語の順序は常にSVOまたは主語-動詞-目的語です。日本人の場合、主語-目的語-動詞であるSOV順序に従うという点で異なります。

ただし、日本語の書記体系である漢字は、ほとんどの文字を中国語の書記体系から借用していますが、それでも個別に使用できます。日本語は独自の意味と発音のセットを開発しました。

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *