プログラムマネージャーとプロジェクトマネージャーの違い

勢いを増し、企業の世界で需要が高まっている管理職があります。私たちはプログラムマネージャーとプロジェクトマネージャーについて話している。彼らは同じサウンドと基本的に同じスキルセットを持っており、あらゆるタイプの分野や業界のタスクを管理します。ただし、プログラムマネージャーとプロジェクトマネージャーは異なる役割を実行し、異なるタスクを実行します。それらの違いをよりよく理解するために、各ポジションの主な機能を特定したので、この記事を読み続けてください。

要約表

プログラムマネージャー プロジェクトマネージャ
プロジェクトグループを監督する 個々のプロジェクトを監督する
目標は、長期的なビジネス目標を達成することです 目標は具体的な短期的な結果を達成することです
戦略的性質のもの 本質的に戦術的
焦点はマクロビューにあります 焦点はマイクロビジョンにあります

プログラムマネージャは、 長期的なビジネス目標と目的を持つプロジェクトのグループを監督する人です。プログラムマネージャーは、プログラムの戦略を伝え、それがビジネスにどのように影響するかを評価します。プログラムマネージャーが使用するツールはマクロビューに焦点を合わせており、その役割はプロジェクトの完了だけでなく、プログラム全体の長期的な効果にも及びます。

プロジェクトマネージャは 、短期的な目標や具体的な結果を個々のプロジェクトを監督する人です。プロジェクトマネージャーの責任は本質的に戦術的であり、プログラムガイドラインの範囲内でタスクを実行するために、予算、時間、およびリソースを調整します。プロジェクトマネージャーが使用するツールは、主にスケジュールの達成、予算の維持、タスクの割り当て、結果の提供などの機能要素の実行と管理に焦点を当てたマイクロビジョンに焦点を当てています。

プログラムマネージャーとプロジェクトマネージャー

プログラムマネージャーとプロジェクトマネージャーの主な違いは、プログラムマネージャーがプロジェクトのコレクションを処理し、全体像と長期的な目標に焦点を合わせているのに対し、プロジェクトマネージャーには、短期間に実行される特定のプロジェクトまたはタスクが割り当てられていることです。 。

プログラムマネージャーは、メインプロジェクトをスケッチする建築家に似ていますが、プロジェクトマネージャーは、特定のタスクと結果を割り当てられた構造エンジニアまたは電気エンジニアに似ています。プログラムマネージャーの職務には、プロジェクトチームの協力とパートナーシップの監督、および成功指標の評価が含まれます。一方、プロジェクトマネージャーの職務には、プログラム内の個々のプロジェクトの運用を監督し、進行状況やプロセスの変更をプログラムマネージャーに報告することが含まれます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *