フルートとピッコロの違い

フルートとピッコロは、さまざまな種類の音楽を作成するために使用される管楽器です。 多くのソロおよびグループパフォーマンスは、これら2つの楽器を特徴としています。 それらはいくつかの類似点を共有していますが、フルートとピッコロは多くの点で異なります。

 

要約表

フルート 小さな
 通常、長さは67センチメートル(26インチ)です。  通常、長さは32センチメートル(13インチ)です。
 金属または銀製   樹脂、プラスチック、ニッケル、銀、およびいくつかの広葉樹種から作られています
 多くの場合、グループの一部としてプレイされます  多くの場合、ソロで演奏されます

フルートという言葉  は、風のカテゴリーに属する楽器のファミリーを表しています。フルートは、「杖」と呼ばれる薄い材料のストリップではなく、開口部を流れる空気によって音を出す管楽器です。それは、キーまたは指で開閉される穴のあるチューブ(現代のフルートの場合は金属または銀)で構成されています。

フルートは最も古い楽器の1つであり、最も初期の標本は35、000年から43、000年前のものです。多くの専門家は、これは発達した音楽の伝統が長い間存在していたことを示唆していると言います。その長い歴史のせいもあって、フルートは多くの文化で一般的です。ネイティブアメリカン、中国、インド、日本の文化には、独自のバージョンのフルートがあります。

フルートには、横笛やフルートなどいくつかの種類があります。標準的なコンサートフルートはCの調にあり、中央のCから始まり上昇する3オクターブの間隔があります。これにより、コンサートフルートは最も高音のコンサートおよびバンドオーケストラ楽器の1つになります。

ピッコロは また、管楽器であるフルートの半分のサイズであり、この小さいサイズは、オクターブ高い音になります。ピッコロは、スコアが書かれたよりも1オクターブ高い音を出すので、最も鋭い楽器です。交響曲やオーケストラでのソロ演奏に適した独特の音色です。また、標準の横笛と同じ運指が特徴です。

ピッコロの最初の使用のいくつかは1735年に記録され、パリのオペラオーケストラによって小さな横笛が使用されました。ピッコロはもともと、さまざまな種類のガラス、象牙、木でできていました。今日、ピッコロは一般的に樹脂、プラスチック、ニッケル、銀、およびいくつかの広葉樹種で作られています。最新のピッコロのほとんどは、標準のコンサートフルートに似ており、いくつかの類似した特徴を共有しています。

フラウタvsピッコロ

では、フルートとピッコロの違いは何ですか?ピッコロは一種のフルートですが、これら2つの管楽器の2つの主な違いは、サイズと音です。

現代のコンサートフルートの長さは約67センチメートル(26インチ)ですが、ピッコロの長さは32センチメートル(13インチ)です。このサイズの違いにより、ピッコロは1オクターブ高く聞こえます。フルートが生成する音は中央のCから始まり、3オクターブ上がりますが、ピッコロはキーCでのみ演奏するように設計されています。

フルートの多彩なサウンドは、ジャズバンド、オーケストラ、交響曲の優れた楽器となり、ピッコロの高音と独特のサウンドは、オーケストラや交響曲のソロに最適です。

両方の楽器の運指は似ていますが、ピッコロはより高い音を出すためにより強い呼吸を必要としますが、それに吹き込まれる空気は少なくて済みます。これにより、ピッコロの習得はフルートよりも少し難しくなります。初心者はフルートを学び、ピッコロに移ることを選ぶことがよくあります。

現代のフルートは通常、金属または銀で作られていますが、フルートは通常、樹脂、プラスチック、ニッケル、銀、およびいくつかの種類の広葉樹で作られています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *