ハイライトとローポイントの違い

髪をカットすることに加えて、見た目を変える簡単な方法は、髪に色のスプラッシュを追加することです。しかし、非常に難しい質問があります。ハイライトまたはローライトを取得する必要がありますか?とにかく2つの違いは何ですか?あなたがあなた自身(またはあなたの美容師)に同じ質問をしたことがあるなら、この記事はあなたのためです。

要約表

ライト ローライト
基本的な髪の色よりも2〜3色薄く染めた髪の毛 髪の毛は、髪のベースカラーよりも2〜3色濃く染められています
それはあなたの髪に流れるようなまたは日焼けした外観を与えることができます。 髪に質感、深み、ボリュームを加えることができます。ハイライトされたストランドが明るすぎたり不透明になったりした場合にも最適です

ハイライト は、髪のベースカラーよりも2〜3色薄く染められた特定の髪の毛です。

ほとんどのハイライトはブロンドまたはプラチナですが、髪の残りの部分よりも明るい限り、任意の色合いまたは色合いで行うことができます。色相は通常、達成しようとしている外観、髪の種類、ハイライトの明るさに基づいています。ハイライトはあなたの自然な髪の色と肌の色合いを補完する必要があることにも留意する必要があります。疑わしい場合は、プロの美容師が最良の色合いを見つけて最良の結果を得るのを手伝ってくれます。

強化は、正しく行われると、太陽が自然に髪を照らす方法を模倣するため、髪にその日光を与えます(熱帯の楽園で休暇を過ごしたばかりのように)。彼らはまたあなたの髪に質感のある、流れるような外観を与えることができます。

一方、 ローハイライト は、基本的な髪の色よりも2〜3色濃く染められた髪の毛です。

ローライトは、髪に深み、ボリューム、質感を加えるように設計されています。また、定期的な染色で髪がくすみ、軽くなった場合にも最適です。

正しい色合いが適用されている限り、ハイライトが低いと、髪が実際よりも太く見えるという微妙な効果があります。彼らはすでに暗い髪に特に自然に見えます。

ハイライトとローライト

では、ハイライトとローライトの違いは何ですか?

2つの最大の違いは、ハイライトは髪の基本色より2〜3色明るい髪の毛であり、アンダートーンは髪の基本色より2〜3色暗い髪の毛です。

ハイライトとベースの両方が正しく行われると、驚くべき効果を生み出すことができます。ハイライトは髪に滑らかなまたは日焼けした外観を与えることができ、ローは髪の質感、深さ、ボリュームを与えることができます。ローライトは、定期的なハイライトのために明るすぎたり不透明になったりしたストランドを隠すのに最適な方法でもあります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *