キャラメルとキャラメルの違い

キャラメルとキャラメルはまったく同じだと言う人もいれば、組成や風味がまったく違うと言う人もいます。それらを区別するのは難しいかもしれませんが(特に写真を見ているだけの場合)、キャラメルとキャラメルは実際には2つの異なる菓子製品です。

要約表

バタースコッチ あめ
ブラウンシュガーとバターの混合物 グラニュー糖を水に溶かして作った
「ひび」の段階で調理 「しっかりしたボール」の段階で調理
液体の状態では、キャラメルは不透明です 通常、液体の形では半透明です。他の成分と混合すると不透明になる場合があります

 

説明

キャラメル は黒糖とバターを強火でゆっくりと溶かして作られます。次に、組み合わせを沸騰させ、キャンディー温度計を使用して「クラック」段階で調理します。キャンディー温度計がない場合は、少し濃くなるまで加熱します。もちろん、キャラメルは溶かしたバターと砂糖のような味がします。

クリーム、コーンシロップ、糖蜜、バニラ、塩などの他の材料を混合物に加えて、歯ごたえを持たせたり、風味を改善したりすることができます。バタースコッチは、サンデー、プリン、ビスケット、ビスケット、デザートソースのトッピングに最適です。

キャラメルは自宅で作ることができ、スーパーマーケットで購入することができます。市販のキャラメルは、チップまたはディスク(チョコレートチップに類似)、ソース(濃厚で不透明な液体)、またはキャンディーの形をとることができます。

また、「キャラメル」という言葉は、溶かした黒糖とバター(実際の製品ではない)の味を表すためにも使用されます。たとえば、一部のリキュール、スイーツ、パイは、バターや砂糖から作られていなくても「キャラメル」と表示されていますが、人工キャラメルの風味が含まれています。

一般に信じられていることとは反対に、キャラメルの「スコッチ」はアルコール飲料を指していません。「キャラメル」という言葉の由来については多くの説がありますが、最も一般的な信念は、「スコッチ」はキャンディーを切る方法を指すというものです。伝統的に、キャラメルはハードキャンディーとして製造されていました(キャラメルに似ています)。細かく切るのが難しかったので、カットしやすいように「焦げ目」や「印」をつけています。

一方、キャラメルは、  グラニュー糖(水中)を火(約170°C)で「固いボール」の段階に達するまでゆっくりと溶かして作られます。一度調理すると、液体は濃く透明になります。その色は金色から濃い茶色までさまざまです。

主成分は白糖ですが、黒糖も使用できます。クリーム、水、バニラ、塩、レモンまたはライムジュース、バター、ミルクなどの他の成分を追加して(特にソフトキャラメルを作る場合)、色、質感、風味を変えることもできます。一部のレシピでは、ナッツ、リキュール、フルーツなどの追加の材料も必要です。

キャラメルは液体または固体(ゴムまたは硬質)にすることができます。プリン、チョコレート、アイスクリームのトッピング、クリームのトッピング、りんご飴、チョコレートやクレームブリュレなどの他のデザートに最適です。自宅で作ることも、スーパーで購入することもできます。

バタースコッチvsカーメル

では、キャラメルとキャラメルの違いは何ですか?

両者の主な違いは、キャラメルは「ソフトクラック」段階で調理されたブラウンシュガーとバターの混合物であるのに対し、キャラメルは「ファームボール」段階で調理された白く溶けたグラニュー糖であるということです。

どちらの製品も、固体(お菓子)または液体(ソース)のどちらでもかまいません。液体の形のキャラメルは、不透明なキャラメルとは異なり、通常、半透明で、厚く、金色または茶色です(他の成分と混合されていない場合)。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *